有給取得は会社員(サラリーマン)の権利!取得するためにある!

IMG_7203

アフィリエイター専業で5年以上!
辛い過去から現在へ辿ってきた道を伝える賢者、中城子龍(ナカジョウシリュウ)です。

私がI.T.土方時代にも有休というシステムが存在した。入社1年目は、

年間10日間

入社2年目は、

年間11日間

という1年ごとに年間の有休日数が増えるシステム。

そして、この有休日数。年間で使い切らなかったとしても、

来年にプラスされない

という鬼仕様。ということで、私は、

毎年0

詐欺師

にしていたw休む方法は簡単だ。数日前に、

あっ、◯◯日に私用で休みます

と上司に言う。

有給を取得したいと言う時のポイント

ここでのポイントは、

◯◯日に私用でお休みをいただいてもよろしいでしょうか?

というお伺いじゃない、

◯◯日に私用で休みます!

と言い切る。何がなんでも休む。他人?そんなものは知らん。

自分の仕事は全て終わらしている。

さらに、それ以外の方法として、朝起きて、行きたくなくなったら、

上司に電話して体調不良でお休みします。

他人?そんなものは知らん。自分の仕事は全て終わらしている。有休は使うためにある。

私と同期だった、超真面目なやつが居た。彼は、

辞める時まで有休を一度も使わなかった

バンコクのおデブ

毎年のように、有休が無駄になり1年ごとに1日が増えていくだけ。

そして、彼はその会社を辞める1ヶ月ほど前から有休を使い果たし退職。今では、

実家暮らし

ニート

現役時代に貯めた、
1000万円で年利数%

という生活を送っている。

毎日、FF14に入り浸っている、廃人だw

まあ、実家暮らしで、結婚もしていないから、できる芸当。

その後、就職しては辞めてを繰り返しているらしい。

といった感じで有休を使わない人が多すぎる。それは、おそらく、

他人の目を気にしているから

だと思う。しかし、有休は権利。何のためにサラリーマンをやっているのか。

他人のため?

もう少し他人の目を気にしなくても良いのではないだろうか?

自分が思っているほど他人は自分に関心がない。

そんなのは放っておいて自分の好きなように生きていけばいい。

さぁ、今すぐ有休を取得するのです!w

IMG_7203