ムダで長い通勤時間で何をする?スマホ?音楽?その30分が人生を変える。

アフィリエイター専業で5年以上!
辛い過去から現在へ辿ってきた道を伝える賢者、中城子龍(ナカジョウシリュウ)です。

朝6時に目覚ましが、ジリリリリリリ!と鳴り響き、飛び起きる。

そして、朝ごはんをかきこみ、急いで歯を磨いて、スーツに着替えて自転車にまたがる。この時点で朝7時。

途中の信号を無視しながら。地下鉄駅前にある、地下の駐輪場へと急ぐ。

駐輪場へと到着すると、自転車から降りて、スロープを下り、警備員のおっちゃんとご挨拶。

「おはようございます!」

そして、自転車を停めて、足早に駅へと向かう。そんな時でも耳には、イヤホンが挿入されている。何かを聞きながら、足早にホームに到着。

地元の駅から、大阪の梅田行きの電車を待つ。反対側へ向かう電車がきて、

「ガタンゴトン!ガタンゴトン!プシュー!」

と大きな音を立てる。負けじとポチポチと音量を上げて、何かを聞き続ける。

そして、梅田行きの電車が到着。梅田駅まで30分ほど掛かる。その間、

「新聞を大きく広げてスーツを着ている偉そうなおっさん」

「満員電車なのに人混みをかき分けながら、先頭車両へと移動するおっさん」

「ぶつかっても謝らないおっさん」

にイラっとしながらイヤホンで聞き続ける。

大阪駅から新神戸駅へ

JR車両

地下鉄御堂筋線の梅田駅からJR東海道山陽本線へ乗り換え。徒歩で5分ほどだ。

そして、大阪駅から新神戸駅まで新快速で約40分。

しかも、その電車はすぐには来ない。10分から20分は待つ。極寒の冬になると雪で電車が停まって30分遅れることもある。そんな時もイヤホンを耳から離さない。

新快速に乗り込み、新神戸へと着いても、まだまだ通勤時間は終わらない。そこからさらに、

神戸市営湾岸線へ乗り換え、ハーバーランド駅から新長田駅まで10分ほど乗る。そして、そこから5分ほどかけて、◯菱電機へと出勤する。

合計で2時間以上

通勤

地元の駅から新長田駅まで、乗り換えや待ち時間をすべて計算すると、

「2時間以上」

をかけて通勤していたことになる。この間、私はずっとイヤホンを外さない。では、何を聞いていたのか?それは、

「アフィリエイト教材の音声」

この音声をただひたすら毎日のように聞き続け、頭に叩き込んでいったのです。最初のうちは、通勤時間が2時間も掛かることに正直、萎えていた。

何もせずにボーっと乗っていた時期もある。

しかし、この時間をどうにかすることができないか?と考えたのです。それが、

「音声を聞いて、勉強しておくこと」

だった。

ほとんどのサラリーマンは何をしている?

電車の通勤時間

独立してからというもの、電車に乗るのが嫌いになった私。久しぶりに妻と一緒に地下鉄御堂筋線に乗り込んだ。

時間は、朝10時頃。ほとんどのサラリーマンは、出社している。

しかし、ちらほらスーツを着ている人。私服で若い子達も居る。そして、彼らが何をやっているのか?

「下を向いてずっとスマホいじいじ」
「ゲームのような手の動きの人」
「周りをボーっと見渡す。」
「目をつむり寝ている」
・・・etc

どう見ても何かを勉強している感じではない。ただ、時間潰しをしているだけ。

正直、これは非常にもったいない。通勤時間は、誰にでも存在する拘束時間。しかし、逆に考えると、

「誰にも邪魔されない。自由に使える時間」

でもあるのです。その時間を、

「暇潰し」

だなんて。。。私には考えられない。その時間があれば、何でもすることができる。音声を聞いて勉強だってできるし、ノートPCでデザリングして、作業だって出来る。

オフラインで記事を書きためることだって出来るはずだ。スマホで色々考えたことをメモしたっていいでしょう。なぜ、その時間を有効に使おうとしないのか。

たった30分、1時間でも、チリツモ精神でやっていけば、必ず成果は出てくる。

あなたは、他の方と同じようにムダな時間を過ごしてはいけない。時間は有限です。しっかりと考えて使いましょう!

記事が『役に立った!』、『面白かった!』などありましたらシェアしてくれると記事を書く励みになります♪