人との信用、信頼もなく収入額を聴いちゃう失礼な奴

アフィリエイター専業で5年以上!
辛い過去から現在へ辿ってきた道を伝える賢者、中城子龍(ナカジョウシリュウ)です。

先日、お友達になった女性からFacebookのメッセンジャーで、

「アフィリエイトで収入を得ているなんてすごいですね〜」

から始まり、色々と聞かれたので律儀に答えてしまっていたが、最終的に聞かれたのが、

「月いくら位、稼いでいるんですか?」

という質問だった。おいおい、いくらなんでも調子に乗りすぎだろ。。と思いつつ、

「私は収入とか公開しないので、誰にも教えていないですよ」

と華麗にスルー。しかし、初対面の相手にメッセンジャーでちょっとやりとりしたくらいで、聞くとは。。なかなか失礼な奴でしたね。

ネットビジネス業界は特殊

作業中

アフィリエイトに限らず、ネットビジネス業界では、昔から、

「報酬額が多い奴がすごい」

という風習があった。だから、こういった情報発信をしている人間は、

「月100万報酬を得ています!」
「月300万達成!」
・・・etc

なんていうことを平気で言っていて、サイトにも画面キャプチャを貼り付けてきた。

そんな見た目だけの収入にまだ一切稼げていないような、情報弱者の方々は騙されてきたのだ。だって、

「月100万も稼いでる人から紹介されたら自分もできる気がする」

よね?私もその一人だったからとても気持ちがわかる。

月100万、200万、300万という数字は非常に魅力的に見える。でも、それは、

「罠」

ということを理解しておきたい。彼らがやろうとしているのは数字によるマジック。早く稼ぎたいという心理を巧みについてきているのだ。

確かにこういった数字を出して、証拠を見せればめちゃくちゃ人が集まる。簡単に何十人、何百人と集めることができる。

でも、私はしない。その理由は、

「情報弱者はいらない」
「本当の仲間が欲しい」

と思っているから、言い方が悪いが情報弱者の方々は、受身が多い。与えられるのが当たり前と思ってしまっている。

ただ言われたことをやり、うまくいかなかったら他人の所為。悪口や言い訳。クレームも多い。

そんな人間と付き合っていると、こっちの気持ちも萎えてくる。モチベーションが下がる。さらにグループ内のモチベーションまで下がってしまう。

と悪いことだらけなのだ。ただ、私が、

「お金だけ欲しい」

ということであれば、いくらでも人を集めることはできる。なぜなら、アフィリエイトで学んできた技術があるから。いくらでも人を動かそうと思えば動かせてしまうのだ。

でも、私が欲しいのは、「お金」じゃなくて、「仲間」

真剣に「仲間」として活動してくれる方を集めている。だから、私は、

「いくら稼いでいる」

なんてことは公表しないのです。

記事が『役に立った!』、『面白かった!』などありましたらシェアしてくれると記事を書く励みになります♪