奴隷マインドからの解放

奴隷マインド、サラリーマンマインドからの脱却【実例付き】

どうも、子龍です。

さて、今回のお話は、

「STEP1:これまで通りの人生を変える3つのポイント」

について、
お伝えしておきましょうか。
これから、

「ゼロから始まる成功までの完全攻略マップ(ゼロスタ)」

をお話ししていって、
月5万の収益から始まり、
【最強の三角形】を構築して、

「金銭的自由、時間的自由」

を手にいれていくわけですが、
最初にやっておかなければならないのが、
この

「サラリーマンマインドからの脱出」

です。
どうしても、義務教育から始まって、
高校だけじゃなく、大学にも4年間通い、
そして、サラリーマンとしての
期間が長ければ長いほど。

「奴隷根性」

が染み付いて、
そして、

「与えられたことをこなす」

ということしか出来ないと
思い込んでいます。
これから、あなたは、

「副業でもイイからビジネスを始めて、自分でお金を稼ぐ」

ということをやっていくわけなので、
これまでのような奴隷根性を持って、

「言われたことをやるだけ」

では、絶対に【最強の三角形】を
作ることは不可能です。
だからこそ、これから話す。

「STEP1」

を少しずつでもイイから実践して、
これまでに染み付いた、

「奴隷根性」
「サラリーマンマインド」

から脱出するために
行動を起こし始めてください。
では、始めます。

大前提として【一般大衆】と逆を行く

まず、最初に言っておくんですが、
これが大前提となります。

「【一般大衆】と同じ行動をするな」

と。
この世の中ってのは、

「どれだけ努力して頑張ったかで評価される【絶対評価】」

ではなくて、

「他人よりもどれだけ努力して頑張ったかで評価される【相対評価】」

の世界なわけです。
だから、【一般大衆】と同じ行動をしていては、
全く意味がないわけ。

「周りがやっているから」

やるんじゃなくて、

「周りがやっていないから」

やるってことを意識してください。
ホントに【一般大衆】ってものは、
何も将来のことを考えずに、

「今だけを生きる」

という人間が多い。
人間ってのは、生粋の怠け者なわけなので、
楽なほうへ、楽な方へと行動してしまいガチ。
例えば、

「趣味」

【一般大衆】の言い訳として、
仕事のストレスがたまっているから、
という理由で、

「趣味に没頭」

するわけですが、
実際は、逆なわけです。

「今、楽をしたいからという理由で趣味に没頭してツライ人生を最後まで送るのがイイのか」

もしくは、

「今、1年間。趣味を辞めて、寝る時間を削ってビジネスに没頭し、ツライ人生を抜け出した後に趣味に没頭する人生がイイのか」

あなたなら、
どちらの道を選ぶべきなのかは、
もう分かるはずです。

じゃあ、この【一般大衆】と
逆を行くために実際に何をすればいいのか。

無駄な時間を減らせ

将来を一切考えずに、
今だけを生きている【一般大衆】は、
本当に何も考えていません。

テレビやゲーム、YouTubeを観ている時間

この時間は、本当に無駄。
基本的に、

「テレビやゲーム、YouTube」

ってのは、
最も数が多い【一般大衆】を狙って、
企画や構成を考えて作られています。

芸能人のスキャンダルや、
相撲協会の揉め事とか、
浮気・不倫・離婚問題とか。

中国の底辺層だけにフォーカスした、
事故とか事件のニュース。

イノシシがダムに落ちて、
法律的に助けてはいけない。
助けるべきとか。

ボクシングの奈良判定とか。

正直ね。
私たちが理想の未来、ライフスタイルを
築いていく上で、

「どーでもいい、しょーもない情報」

なわけです。
私たちに人生において、
【時間】は限られています。

今、生きている【1分1秒】も
非常に重要なわけです。

それなのに、
観ても意味がない。

ただ、なんとなくテレビをつけて、
観ているだけの【情報】や【時間】。

そんな無駄な時間があったら、
将来に向けての勉強や行動へと
時間を使うべきなわけです。

雑誌や漫画

これもテレビなどと一緒ですよ。

独立して意識が高いような
人間の数よりも、

しょうもない事を好む、
【一般大衆】の方が絶対数が多いので、

「雑誌や漫画」

ってのは、
その【一般大衆】が好んで読む構成で
作られているわけです。

「FRYDAY」
とか
「文春」
とか
「週間少年ジャンプ」
とか

だから、こういった雑誌や漫画などを
読む時間があったら、
将来に向けての勉強や行動へと
時間を使いましょう。

同僚や上司、友人との飲み会

会社の同僚、後輩、上司、
そして、友人との飲み会も
みんなで集まって楽しいでしょうが、

「ほとんどの人間は向上心がない」

ことが多く、
飲み会になったとしても、
有益な話をあまりしません。

「後輩のカッターシャツで乳首が透けていた」

だとか、

「あの上司が無能でぶん殴りたい」

とか

「社長は何もしていない」

だとか。
未来につながらない、
どーでもいい、しょーもない会話ばかり。

しかも、毎回5000円近くの出費もある上に、
意味がない話しばかり。

そんな無駄な時間やお金を使っている暇があったら、
未来に向けての勉強などに時間を当てましょう。

最初に話したとおり、
趣味の時間も一緒。

まずは、ビジネスで成功できるように
1年間は我慢して優先順位を変える。

そして、ツライ環境から抜け出して、
趣味に時間をさけるようになったら、
やるのはOK。

優先順位を間違ってはいけないわけです。

これまでの習慣と反対のことをやる

じゃあ、どんな無駄な時間やお金が
あるか分かったら、
次にやることは、

「これまでの習慣と反対のことをやる」

ってことです。

無駄な飲み会に行かない

無駄な飲み会ってのは、

「向上心がない人間たち」

と無駄な時間を使って、
無駄なお金を払うことであって、

「向上心が高い仲間」
「同じ目標に向かっている仲間」

との懇親会とか、
飲み会に参加することはOK。

例えば、セミナーなどに参加して、
セミナー後の懇親会に参加する。

「向上心が高い仲間」
「同じ目標に向かっている仲間」

ってのは、負のエネルギーが少なくて、
エネルギッシュな人が多い。

そういった人と会話すれば、
自分もその方向へと引っ張られて、
目標を達成できる確率が上がります。

また、酒を酌み交わすと、
普通に会話するよりも、
親密度が上がりやすいので、

「一緒に頑張りましょう!」

と協力しあったりすることも
当たり前のようにあります。

自己啓発やビジネス書を読む

しょうもない週間雑誌や漫画本を
読んでいる時間があったら、

「自己啓発やビジネス書」

を読み漁ることをおススメします。
ただ、ここで注意して欲しいのが、

「ベストセラー」

だからと言って読めばいいわけじゃない。
何度もお伝えしている通り【一般大衆】の
逆を行かなければならないわけなので。

「みんなが読んでいるから読む」

っていう考えはダメ。
読むべきなのが、

「尊敬する人、なりたいと思った人」

がどういった本を読んで、
どうやって人格とか考え方とかが
形成されたのかを知ること。

例えば、

「ホリエモンが好きだから」

ホリエモンが出版した書籍を読むんじゃなくて、
ホリエモンという人格や考え方・マインドが
作られる元となった書籍を読む。

ってことです。

Googleなどで検索して、
調べていけば、きっと
見つかるはずです。

また、今回は、
私が最初に読んだほうがイイ。
おススメの書籍を紹介しておきます。

神田政典さんの
「非常識な成功法則」

これは絶対に読んだほうがイイです。
この本は、私が独立して、
飛躍するきっかけにもなった書籍。

コミュニティの仲間たちにも、
紹介をして読んでもらいましたが、
この書籍を読んで大きく変わってきています。

まずは、この書籍をスキマ時間などで
読んでおいてください。

通勤時間を無駄にしない

通勤時間は環境にもよるでしょうが、
30分とか1時間あったりするかと思います。

この小さく感じる時間でも、
どれだけ積み重ねるかで
人生は大きく変わり始めるので、
絶対にムダにしてはいけません。

例えば、スマホでまとめニュースを見たり、
漫画とか読んでいる時間があるなら、

イヤホンさえあれば、
今回のような音声も気軽に聴けるはず。

毎日30分でも1時間でも、
繰り返し何度も聴いて学ぶだけでも、
考え方とかマインドが変わってくるので、
勝手に人生が変わり始めますよ。

また、音声だけじゃなくて、
電子書籍であれば気軽に読むことも出来ます。

と、こんな感じで
これまでムダにしていた時間を
1日30分でも1時間でもいいから
自己投資にまわす。

ホントに、
これだけでも積み重ねれば、
人生が変わり始めます。

どうせ、これまでどおりと
同じ事をやっていたら、
何も始まらないわけで。

だからこそ、
こういった小さなことから
コツコツと変えていけば、

心理学者、哲学者で有名な、
ウィリアム・ジェイムズの言葉で、
こんなものがあるんですが、

「心が変われば行動が変わる
行動が変われば習慣が変わる
習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる」

実際にやってみれば分かりますが、
これは本当なわけです。

まずは、この最初の部分、

「心(マインド・考え方)」

を変えなければならないからこそ、
今回のお話しをしています。

これまで通りの心(サラリーマンマインド)で
このまま過ごすのであれば、
人生は絶対に変わりません。

逆に、
その心(サラリーマンマインド)から脱出して、
起業家マインドへと心を変えれば、

「行動も変わり、習慣も変わり、
人格も変わり、そして運命も変わる」

ぜひ、今回話したことを実践して、
心(サラリーマンマインド)を変えていきましょう。

サラリーマンマインドと起業家マインドの実例

さて、

「STEP1:これまで通りの人生を変える3つのポイント」

について、
具体的な行動方法をお話ししたんですが、
その補足として、

私が実際に変わる前と
変わった後に、

「どういったことをやったら変わったのか?」

ってことをお話ししておこうかと思います。

サラリーマンマインド時代

飲み会などは誘われたら断れなかった

同僚や上司との飲み会ですが、
誘われたら断りもせずに、

「行きます~」

って、
何も考えずに行っていましたね。
今、思えば、しょうもない、
どうでもいい話が多かった、、、

1回で数千円もかかるし、
ムダに時間は使うし。
イイことは何もありませんでしたね。

毎週欠かさずバラエティなどを観ていた

ブルーレイレコーダーや
PS3のトルネといった機能を使って、

たとえ、その時間に観れなかったとしても、
録画しておくことで、
いつでも観れる状態にしておいて、

毎週欠かさず観る。
ってことを続けていましたね。

毎週土曜日はゲーセン仲間10人と集まる生活

毎週、土曜日に朝からゲーセンに集まり、
格闘ゲームで対戦して過ごすだけ。

ストリートファイター4とか
ギルティギアとか
キングオブファイターズとか。

そういった格闘ゲームの代表みたいな
ゲームをひたすら対戦していましたね。

しかも、ここでスゴイのが、

「毎週土曜日に10人も集まる」

ってところです。
全員サラリーマンとして
働いているわけですが、

必ず毎週土曜日には、
集まるようなゲームオタク。

しかも、朝から終電近くまで。

私なんて、
彼女と同棲しているのに、
毎週土曜日にゲーセンに行ってましたからね。

ちなみに、
彼女に怒られたら、
一般的な常套文句。

「仕事でストレスがたまってるから」

って言って、
無理矢理行っていました。

仕事から帰ってきたらゲームか寝る

そして、毎週土曜日のゲーセンだけに
飽き足らず家でもゲームばっかり。

同棲していた彼女の相手もせずに、
ゲームをするか寝るだけ。

当時は、オンラインゲームが流行っていたので、
色んなオンラインゲームをやったり、
ストリートファイター4のオンライン対戦を
やったりしていましたね。

通勤時間はネットか音楽を聴くだけ

通勤時間は、毎日1時間とか2時間あったわけですが、
その時間を無駄なことに使っていましたね。

「好きな音楽を聴いて寝たり」
「ネットで2chまとめニュースを見たり」

して過ごしていましたね。

書籍も読まない、勉強もしない

で、実家が貧乏家庭だったこともあって、
将来の夢は「お金持ち」なくせに、
口だけで何も行動していませんでしたね。

読むものと言えば、

「週間少年ジャンプ」
とか
「ハンター×ハンター」
とか

漫画系の本ばっかり。
向上心もなく勉強もしない。

ゲームなどの趣味に没頭

特に勉強などをすることもなく、
日ごろのストレスを言い訳にして、
趣味のゲームばっかり。

実際は、周りがそう言っているから、
そう思い込んでいただけ。

自分の家庭よりも親を優先するという洗脳

手取りは低賃金な16万円で、
彼女と同棲していても、
結婚して子どもが生まれる直前まで

「親に5万円」

も渡していました。
手取り16万でですよ。

自分が住む家賃も払わないとダメだし、
彼女と結婚するための資金もためないとダメ。
子どものためにお金を貯めておかないとダメ。

しかも、専門学校は、
全額奨学金で行ったので、
毎月返済がある。

っていう状況で、

「毎月5万円」

を渡していたわけです。
これは妻から指摘を受けたことで、
私からの仕送りは無くなりました。

ちなみに、なぜ私が仕送りしていたかっていうと、
【一般大衆】が大好きな、

「世論」

に流されていただけ。

「親は大事にしろ」

ってよく言われるわけですが、
もちろん、それも大事なんだけど、
最も大事にするべきは、

「自分の家庭」

なわけで。
大切な妻、大切な子ども達を守れないのに、
自分で何とかできる大人である親を
助けてどうする。

って話しなわけです。

これは、私がやりたくてやっていた。
わけじゃなくて、
世論に流されてしまっていただけ。

起業家マインド時代(現在も)

向上心が高い仲間、同じ目標を持った仲間とだけ飲むようになった

起業家マインドになってからは、
無駄な時間やお金をつかいたくないので、
誘われたとしても、

余程のこと、
お別れ会とか納会でもない限り、
参加することはありませんでしたね。

毎回、誘われたら。

「いやでーす」

って答えてましたよw
ただ、自分が学びに行くセミナーや
自分が主催するセミナーでは、

「必ず懇親会には参加」

して、
色んなビジネスの話しをしたりして、
ノウハウなどを吸収しています。

毎回数千円と数時間を使うことになるんですが、
向上心が高くて、同じ目標を持った仲間と話すことを思えば、

「費用対効果バツグン」

しかも、お酒が入っているので、
普段では言えないような極秘情報が
さらっと出てきたりします。

そういったところも、
盗めるポイントなので、
必ず参加するようにしていますね。

テレビなどをあまり観なくなった

これまでは何が何でもバラエティなどを録画して、
ずっと観ていたわけなんですが、

ビジネスに関する勉強とか、
書籍を読んだりすることが多くなってから、
テレビを観る時間が大分減りましたね。

今、思えば、
テレビを観ていても何の勉強にも、
役にも立たない時間だったな~。

て、しみじみ思いますね。
ただ、布団に入って、
しょーもないテレビ番組を観ている時間があったら、
書籍などで学んだほうが絶対に有意義な時間。

ゲーセン仲間とは疎遠に

独立して1年間くらいは、
たまに行ってしまっていましたが、
結婚して子どもも産まれたことで、
妻から叱咤を受ける。

「あんた、いつまでもあそんどられへんで」

と。
それでゲーセン仲間とは、
半ば強制的に疎遠となる形になったことで、
ビジネスに集中できるようになりましたね。

ゲームをほとんどしなくなった

これまではゲームをしないと
気がすまなかったわけですが、
現在では、

「全く興味がない」

というレベルにまで。
実際は、何かに没頭できるものが
欲しかっただけで、

「ゲーム → ビジネス」

へと変わっただけ。

通勤時間がなくなった

通勤時間も音声や電子書籍を読めば、
無駄な時間じゃなくなるわけですが、
満員電車などのストレスが
なくなったことで。

ビジネスに集中できるようになりましたね。

それに余った時間を音声聴いたり、
動画で学んだり、書籍を読んだり。

といった自己投資も出来ています。

書籍を読むようになった

これまでは活字が苦手とか、
書籍を読めない。

なんていう先入観で
読んでこなかったわけですが、
独立を意識し始めたときから、

色んなビジネス書を読み漁りましたね。

なぜ、書籍を読み漁ったかっていうと、
これまでのマインドとか考え方を
変えるには、

「取り込む情報」

を変えないとダメだな。
と感じて率先して読むようにしました。

ちなみに前回の音声でも
おススメの書籍をご紹介していますが、

「神田昌典さんの【非常識な成功法則】」

これマジで最初に読む書籍としては、
おススメなんで必ず読んでおいてください。

私のコミュニティメンバーにも、
毎回おススメしていますが、
これを読んで、

「人生が変わった」

レベルの仲間が増えていますから。
絶対、読んでおいてください。

趣味が「ゲームからビジネス」に変わった

で、これからステップが進むに連れて、
ビジネスに関することもお話しするわけですが、
当然のことですが、

「最初は大変」

です。
覚えることもたくさんあるし、
やることもたくさんあるし、
練習することもたくさんある。

でも、これって、
ビジネスに限らず日常生活でも、
スポーツでも何でも同じ。

なので、
最初から怖気つかないように
してくださいね。

コツコツとやっていけば、
絶対に実が出てきますから。

で、最初は大変なんですが、
ある程度、軌道に乗ってくると、
勝手が分かってきて、
それが数字にも表れてきます。

そうなれば、
どんどん楽しくなってくるので、
どんどん仕事をして、
どんどん勉強したくなる。と。

なので、

「趣味がゲームからビジネス」

に変わったわけです。
その変わりにゲームへの欲求がなくなったと。

おそらく、ゲームは、
気軽に成長を経験できるから、
楽しくてやっていたのかもしれませんね。

今は、ビジネスをやることで
自分が成長していると経験できているので、
そちらが趣味になったんだと思います。

自分の家庭、家族を最優先に考えるようになった

で、これはサラリーマンマインドのほうでも
お話ししたことなんですが、

「毎月5万円を親に仕送り」

ということを
何年間も続けていたわけです。
しかも、手取り16万で。
奨学金も返してたのに。

そして、それが、
結婚して子どもが産まれる直前まで
続いて妻に叱咤されて変わったと。

そこから、意識が変わったんですが、

「自分で何とかしようと思えばできる大人」

である親を最優先にするんじゃなくて、
まずは、自分で何ともできない子ども達、
そして、妻を最優先に大切にしない意味が分からない。

今、私には小さな子ども4人と妻が
居るんですが、

この大切な家族を守るために、
ビジネスを頑張っています。

で、元々、実家の家庭環境は劣悪で、
幼少期から貧乏家庭で大変な思いを
してきた経験があるので、

正直、両親が好きじゃなかった。

両親は離婚して、父親とは疎遠ですし、
母親ともほとんど会わない状態。

そんな状態でも、

「親を大切にしなさい」

という世論を信じきって、
自分の家族を優先せずに、
親を優先してしまっていた。
わけです。

サラリーマンマインドから起業家マインドへのまとめ

奴隷マインドからの解放まとめ

・しょうもない飲み会には参加しなくなった
・その代わりにセミナーなどの懇親会には必ず参加するようになった
・無駄なテレビなどを観る時間が少なくなった
・毎週土曜日のゲーセン仲間との集まりに行かなくなった
・趣味が「ゲーム」だったのが全くしなくなった
・趣味が「ゲームからビジネス」に変わった
・活字が苦手という言い訳で読まなかった書籍を読むようになった
・通勤時間をムダにしなくなった
・家族を守るためにビジネスを頑張るようになった

こういった感じで、
これまでの習慣を変えるだけでも
人生は大きく変わり始めます。

今日から少しずつ、
始めていきましょう。

では、また次回。

月5万の収入を得ながら学べるビジネスとは?アフィリエイトやGoogleアドセンス、情報発信、メルマガなど何かしらのビジネスを始める際に、どうしても想像してしまうのが「月100万稼ぐ」という未来。しかし、目の前の100円も稼げないような奴が簡単に100万稼げるほど甘くはありません。今回はそれについてのお話。...


ゼロスタ

ABOUT ME
中城 子龍
中城 子龍
法人2社経営。辛い過去を乗り越え、理想の未来を手に入れる【ミライフプロデューサー】。コミュニティ運営、コンサル、プロデューサー、書籍出版、メルマガ自動化。最短5日収入から始まる年収1億円メソッド。
合わせて読むと理解が深まる記事一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です