サラリーマンとして会社に通勤してお金を稼ぐことが当たり前なのか?

IMG_1624

アフィリエイター専業で5年以上!
辛い過去から現在へ辿ってきた道を伝える賢者、中城子龍(ナカジョウシリュウ)です。

タイ、バンコクのドンムアン空港に着いてから、
現地ボッタクリ人などに目をつけられながら休憩。

そこで4時間から5時間は、
過ごしていたかもしれないw

それくらい長い間、
ベンチに座って休憩していた。

時折、インド人の慰安旅行客が来て、
つたない英語で話をして握手をしたりした。

さすがに、ずっと
ここに座っているのも大変。
ということで、
ドンムアン空港内を散策することに。

美味しい食事が食べれるミラクルラウンジ

空港内のいろんな写真を撮影しつつ、
探していくと見つかったのが、
有料ラウンジの、

ミラクルラウンジ

というところ。

IMG_1623

たった200バーツで、
2時間使い放題。
※1バーツ3円〜3.5円計算

ビールは有料だが、
コーヒーは飲み放題で、
食べ物も食べ放題。

IMG_1268

しかも、現地人が来れないような
場所なので雰囲気も最高。
ソファもデカデカと大きくて、
2時間たっぷりと休憩できる。

こんな良いスペースを、
日本で借りたら、
一体いくらするんだろう・・・。

と思いながら、
関羽政宗殿と過ごす。

ラウンジで過ごしながら何をやっていたのか?

そして、2時間も休憩していて、
何をやっていたのか?
それは、

株式投資

この世の中、
リアル世界で働かずに、
ただiphoneで画面を眺めて、
ポチポチしてその日の、

食事代
タイへの渡航費用

を手に入れることができたりする。
一度、こんな世界があることを知ると、
本当にリアルで働くことが馬鹿らしくなる。

かたや、朝9時から夜遅くまで働いて、
毎月少ない月給を得る人も居れば。

こうやって、
iphoneだけ使って、
画面をポチポチして、
給料以上を手に入れてしまう人だっている。

IMG_1624

本当におかしな世界であり、
面白い世界でもある。

ただし、
こういった話をすると、
必ずこう勘違いする人がいる。

え〜、そんな簡単に稼げるなら。じゃあ私もやろうかな。

と。
しかし、現実は違う。
サイトアフィリエイトや物販
といったビジネスと同じで、
安易な気持ちで始めて良いものじゃない。
この株式投資をするには、

本物の知識
本物の情報
胆力
暇な時間
お金の余力

といったものが、
全て揃っていないと、
必ず◯される世界。

例えば、
私のゲーセン仲間だった
友人も株式投資をやっていた。
その時のエピソードがこれだ。

専門学校時代の友人エピソード

私には専門学校時代の友人で、
桑田圭祐にそっくりな奴が居る。
彼は、専門学校時代から、

ピザポテトとご飯

を一緒に食べるような奴。
しかも、
お昼ご飯の時間になると、
自分が買ってくる弁当は少ない。
足らなかったら友人たちに、

それ一口頂戴。
それも頂戴。

といった感じで、
たかってくる奴だった。
そんな彼は、
私と同じく元I.T.業界。

残業時間は、
毎月50時間とか当たり前なのに。
残業代が出ない。

ブラック企業

に勤めていた。
そして、彼は約3年前に退職。

社会人になっても、
出費を極力減らし、
誰かにもらえるものは、
もらう精神で貯金も貯まった。
(実家暮らし)

☆退職して何をやったのか?
彼は、I.T.業界のブラック企業を
退職して何を始めたのか?
それは、

株式投資

当時、アベノミクス初期。
8000円代だった株価は、
2015年5月頃には、
20000円代まで上がった。

どんなにスキルがなくても、
ただ適当に株を買って、
放っておけば、
2倍以上になる時代。

誰でも勝てていた。
そして彼も、その一人。
最初に聞いた時は、

300万円勝ったぜ!

なんて景気が良い
話をしていた彼。
素直にすげーーー
とも思った。

しかし、ここ1年で、
彼の元気が無くなった。
なぜなら、

大暴落

に巻き込まれたのだ。
なぜ、あんなに勝てていたのに、
負けてしまったのか?
それは、

情報網がネット。
主に2ch。

だったから。

彼は、
無料
株式投資のやり方を覚え。
無料
企業などの情報を得ていたのです。

何でもかんでも無料で学び、
無料で情報を集めた結果、

社会人時代に貯めた
300万円を飛ばす

さらに、

追証によって払いきれずに、
父親から300万円を借りて補充。
その後、数ヶ月で
その300万円も飛ばした

※追証とは、株式投資において、
※保証金に対して損失が大きくなり、
※足らない分を補充しろという命令。
※これをやらなかったら強制的に
※大損失が確定する。

すべて無料でやったことで、
彼は合計で600万円を飛ばすことに。
そして、彼は仕方なく、
嫌いだったI.T.業界へと戻るのです。

といった感じだ。
これを見ると、
株式投資の怖さがわかるはず。

ただ、こういった世界も
あることを知ってほしい。
彼のように、

すべてを無料

で済ませようとして、

無料の知識
無料の情報
胆力のなさ
常に忙しい
生活資金も投資

といったことをやると、
必ず◯される世界。
逆に言えば、

本物の知識
本物の情報
胆力
暇な時間
お金の余力

をしっかりと
手に入れることができれば、
勝てる世界ということ。

ビジネスでも、
株式投資でも同じで、
他人と同じことをやっていたら、
絶対に成幸はありえない。

他人が無料でこだわっているところで、
私たちが有料で手に入れることで、
ライバルを出し抜くことができるのです。