中城子龍プロフィール

子龍の人生【ドローマイライフ】(情報発信する信念・理念)



↓ 最新情報を配信していくので「チャンネル登録」しておいてくださいね♪ ↓
中城子龍公式チャンネルを登録する

著書一覧

2冊目以降の電子書籍、リアル書籍を執筆中。
AMAZON著者ページ

運営ブログ

全日本クズ男協会の会長。続々とクズ男たちのエピソードが集まっています。クズ男ども自覚しなさい。
全日本クズ男協会

中城 子龍 Nakajo Shiryu

アフィリエイトビジネス、物販ビジネスで
日本法人2社のオーナーとして、
ビジネスを手がけ、
誰にも縛られない自由を追求した結果、

「家族5人に、
好きなことをさせてあげる自由」

「 世間一般と同じ様に連休、土、日
といった人が混み合う時ではなく、
行きたい時に旅行へ出かける。
遊びに出かける自由」

「嫌いな上司と顔を合わせることもない自由」

「依頼されても、
やりたくない仕事は、
やりませんと言える自由」

「好きな時に休み、
好きな時に仕事をする自由」

「自宅じゃなく、
旅行先でも仕事ができる自由」

というライフスタイルを実現。

大阪、名古屋、東京各地でセミナー開催!

東京

20646013_10155584115459137_1741111101_n 三武将セミナー

名古屋

三武将セミナー in 名古屋1日目 三武将セミナー in 名古屋二日目

大阪

三武将セミナー in 大阪

中城子龍の生い立ちから成功までの軌跡

頑張った先に見えたもの

私がどういった家庭環境に生まれて、
どういった感じで育ってきたのか。
そして、その経験を通してどんな考えを持つように
なったのかが分かるお話をピックアップ!

これを読んでいただければ、
どうして自由なライフスタイルを
構築しようと考えたのかが
よく分かります。

長いですが、
ぜひ、読んでみてください。

また、このブログでは、
アフィリエイトの実績を画像で公開したりはしません。

幼少期

幼少時代は、まだ両親共に仲が良く、
普通の一般家庭でした。

可愛すぎて嫉妬した兄に耳を噛みちぎられた赤ちゃん二人兄弟の弟として生まれた子龍。5歳上の兄は、私が生まれるまでは両親に愛情を注がれてきていたのに突然、弟に愛情を取られて嫉妬にかられてとんでもない行動に、、、今でも子龍の耳の端っこは削れている。...
5歳の頃、両親の謎の別居奈良県に生まれた子龍ですが、4歳、5歳の頃に奈良県から大阪へと引越しすることになります。それと同時に、なぜか父親と母親が別居状態となり悲しい思いをすることに。今でもどういった経緯で別居になったのかは思い出すことができない。そんなお話し。...

小学生時代

バブルが崩壊し、徐々に家庭が崩壊。
兄が白血病にもなりました。
壮絶な過去なので、あまり記憶に残っていませんが、
印象に残っていたことをピックアップ!

バブル崩壊で小学2年生(1992年頃)で小金持ちから貧乏へ私が生まれた頃、1984年は日本の高度成長期の真っ只中の状態。あまりよく考えなくてもお金が降ってきて簡単に小金持ちになれる時代でもありました。しかし、それが一生続くと思って何もしてこなかった父親はバブル崩壊によって痛い目を見ます。それと同時に私たち家族にも波及するわけです。...
家族の前では大人しく外では暴れん坊へと無事、成長よく学校内での暴力や不良などが問題になったりしていますが、結局は「家庭環境」がそのまま子どもたちに影響していることがほとんど。子龍もその一人で家の中ではおとなしく、外では暴れまわる。そんな子どもへと育ってしまうわけです。...
両親が毎日殴りあいの喧嘩をした結果。生存率3%、兄が白血病に小学校2年生の頃にバブルが崩壊し、仕事を失った父親が原因で家計は火の車に。さらに母親はパチンコ依存症になってしまって、さらに家計は火の車。そうなると毎日のように殴り合いの喧嘩をする両親。そのことが原因で子どもたちへとしわ寄せがやってくるのです。...

中学生時代

家庭内の環境は完全崩壊状態。
まだ小学生時代よりも中学生時代の方が
活発に活動していた気はします。
しかし、両親の離婚という出来事が・・・

念願だった野球部も素直に楽しめない日々小さな頃から群れるというのが苦手で少人数の友人と遊んでいた子龍。その中でも仲が良かった彼と実況パワフルプロ野球というゲームで対戦し、ボロ負けしたことで火がつくことに。この頃から負けず嫌いは発動されていたようです。...
パパ、バイバイ(両親が離婚)小学校2年生の頃から続いた両親の不仲と殴り合いの喧嘩も遂に終焉を迎えるときがきました。それが離婚。しかも、子どもたちのことなんて一切考えていない中学3年生で受験真っ只中での離婚でした。全く好きじゃない家族でも離れるとなる悲しくなる。そんなお話し。...
母子家庭の貧乏時代。家賃2万円築30年以上のボロ家で生活アフィリエイター専業で5年以上! 辛い過去から現在へ辿ってきた道を伝える賢者、中城子龍(ナカジョウシリュウ)です。 今回は、...

高校生時代

両親が離婚し新たな気持ちで、
新生活をスタート!
しかし、貧乏だと何もできないし、
ダメ人間が出来上がりますね。。

念願だった野球部を2ヶ月で辞めて悔し泣き小学校の頃から大好きになった野球。でも、家が貧乏という理由で野球部にも入ることが出来ずに悶々として過ごしていたが、高校になって念願の野球部に入部。しかし、自己練習のしすぎで怪我をしたのと、お小遣いが0円でクラブから帰る際にも悲しい経験をすることで2ヶ月で退部することに。...
パチスロにハマル高校生時代。貧乏人が金を持つとロクなことがない!これまでお小遣い0円で過ごしてきた子龍。高校生になって2ヶ月で野球部を退部して、次にやったことがアルバイト。家に仕送りをしてもお金が残る状態。これまでにお金を持ったことがない生粋の貧乏人なので使い方を知らず。パチスロ依存症へと落ちてしまうのです。...

専門学校時代

無駄に金を持ってパチスロをしながら、
貯金を一切せず何となくで生きて行く人生。
ここでI.T.業界への足を踏み入れる
運命の決断をします。
(実際は適当ですがw)

何となくで生きる人生。高校生になっても目標なし。中学3年生で両親が離婚し、高校へ進学。念願だった野球部も2ヶ月程度で辞めてアルバイト&パチスロざんまい。将来のことは何も考えておらず、ただ流行っているというだけでITの世界へと入っていく。...
専門学校時代に参加してしまったネズミ講のお話。アフィリエイター専業で5年以上! 辛い過去から現在へ辿ってきた道を伝える賢者、中城子龍(ナカジョウシリュウ)です。 「お金が...

社会人時代(I.T.業界)

専門学校でも全然勉強をせず、
友達が1日で就職が決まったから、
という安易な理由でI.T.業界へ。

サラリーマン(I.T.関連)の社会人2年目で詐欺商材を購入ゲームが作りたいという安易な気持ちで参入したIT業界。しかし、プログラミングの難しさに絶望を感じるも何も考えずにIT業界へ就職。携帯電話のテスターから始まり、開発者へとスキルアップしたあと、さらに絶望を感じることに。...
I.T.(システムエンジニア)入社5年目、手取り16万円、貯金0という現実苦手なプログラミングを克服して何とか周りの同業者からも評価されるレベルにまでなった入社5年目。しかし、評価が上がってもなぜか下がっていく給料。どれだけ頑張っても給料は上がらずに下がる。手取りは16万前後。それが結婚をきっかけに変わり始める。...
システムエンジニア10年先輩(36歳、手取り20万、子供2人)の実態子龍が独立を決心したきっかけ。入社10年以上のベテラン先輩の手取りをある日聞くことに。30代後半にもなって、子ども二人を養っている先輩。さすがに手取り30万は超えているだろう。とおもいきや、、、...
サイトアフィリエイトは甘くない。主婦でも簡単に?片手間で月50万円?サイトアフィリエイトに限らず、色んなビジネスの情報商材を購入しようとしたとき、必ず見かけるのが甘い言葉。しかし、ビジネスってのはそう簡単に稼ぐことはできないわけです。誰よりも努力して、誰よりも学んで、そして実践するからこそ成功が待っている。...

そして独立

低賃金、重労働。
汚い、臭い、帰れないのI.T.土方からの独立。
まだアフィリエイトで稼げていない状況から
なんとかやってきた軌跡です。

逆境こそ神がくれたチャンス。独立すれば時間が増えて成功できる?!会社員、サラリーマンを辞めて独立をすれば時間を増えて成功できるとおもっていたあの頃。しかし、現実は違ったわけです。どれだけ頑張ってもどん底に陥った子龍が逆境に陥った後、チャンスを手にすることに。...
【危険】ライザップで40万円を投資した結果。事件発生!アフィリエイトで月収270万を達成した後、天狗になったことで妻が居ながら自分だけの判断でライザップへ40万を支払って入会。結果、極端な筋肉トレーニング、食事によって内臓を壊して判断力を失ったことで再び逆境へと落ちる。...
【実録】アフィリエイトでグーグルからスパム判定を受けた過去の暴露【教訓】アフィリエイトでグーグル神からスパム判定を受けたらどうなるか知っているでしょうか?本記事では2013年に実際にグーグル神からスパム判定を受けて地獄を見た実体験とともに、あなたがこれからやるべきリスクヘッジについても書いています。スパム判定以外でもグーグル神によるアルゴリズムのアップデートで起こりうることでもあります。必読です。...

子龍には夢がある

信念

私には夢がある
子龍がなぜ仲間を募り、
仲間たちに情報を提供するのか。

「子龍には夢がある」

それは、

「ツライ経験をする子供たちを減らすこと」

実際、子龍も幼少期に
両親が殴り合いの喧嘩をしたり、
父親に母親がマウントで殴られていたり、

酒瓶が飛んできたり、
兄が白血病になって死にかけたり。

一言では
あらわせないほど
ツライ経験をしてきた。

そして、それは、
日本の現代においても、
加速している。

さらに今後は、
貧富の差が広がることで、
加速するでしょう。

これもそれも、
すべての原因は、

「国」

ではなく、

「親」

なわけです。
親が「経済的」に苦しくなることで、
0歳の赤ちゃんが2週間に一人、
虐待されて死に、
5歳の小さな子が虐待されて死に。

すべての原因は、

「親」

が努力をせずに、
途中で諦めてしまったこと。
これが大きな原因に
なっているわけです。

ほとんどのことは、
「親」が頑張って、

「金銭的自由、時間的自由」

を手に入れれば、
こんなことにはならないわけです。
だから、私は、

「本物の情報を提供し、親を成長させ、ツライ子供たちを減らしたい」

そのために活動し、
「親」を成長させるだけではなく、
「寄付」などの支援もしていきます。

ぜひ、あなたが成長し、
幸せな家庭を築き、
幸せな子供を増やしてほしい。

そして、あなたも同じように成長し、
子供たちを支援できる大人になって、
共に支援していきましょう。

【無料メルマガ】ゼロから始まる年収1億円までの完全攻略マップ(ゼロスタ)
ゼロスタ