車の希望ナンバープレート申請を外注するだけで○万円。

アフィリエイター専業で5年以上!
辛い過去から現在へ辿ってきた道を伝える賢者、中城子龍(ナカジョウシリュウ)です。

新居への引越しに伴い、車の車検証明を新しく取得することに。

自分でやる場合は、平日に運輸局へ、直接行かなければならないらしい。

最初は、自分で取得するつもりだったが、

途中でめんどくさくなってきたので試しにホンダの営業担当に電話。

中城子龍:
◯◯、どうも。ちょっとお聞きしたいんですが、
車検証明を法人名義にして希望のナンバープレートにするのをお願いしたら、どれくらい掛かりますか?

営業担当T:
えーっとですね。めちゃくちゃ高いですよ・・・。うちは手数料を取りまくってるので。

まず、希望のナンバープレートを申請するだけで1万2000円。

さらに車をお預かりして、車検証取得とナンバープレートで1万2000円。

その他、色々手数料が掛かります。。

正直、中城さんだったら、ご自分で取得した方が良いと思います。

との回答、思わず、

たかっ!

と言ってしまったくらい高い。
⒈万円以内だったら、めんどくさいしお願いしよう。
と思っていたのに。。

実は超簡単だった

大阪運輸局

希望のナンバープレートを取得する場合、

事前に運輸局で申請が必要らしく担当者の話では、

希望のナンバープレート申請も運輸局へ直接行かないとダメ

という話だったがネットで調べてみたら、

インターネットでも希望ナンバーを申請できる

ということを知る。

しかも、お役所が作ったサイトだと、ほとんどのサイトがクソ。

しかし、今回のサイトは、とても分かりやすくちゃんと説明も書いてくれている。

一見、小難しく見えるが説明を読むと非常にわかりやすい。

ものの30分ほどで申請完了。そして、必要経費は、

4100円

だった。ホンダに頼んだ場合、

12000円

自分でやったら、

4100円

3倍。どんだけ手数料取ってんだ。。ということを実感。

どうしても、こういった作業は、

失敗したらどうしよう、うまくいくだろうか、めんどくさい

という気持ちが先立ってできない気になってしまうが実は簡単なことが多い。

今回のことは本当に典型的なパターンだった。

やってみるとめちゃくちゃ簡単なのだ。

こういった他にも沢山ある。

数千円程度なら良いが1万円を超えてくると、

少し疑って調べてみると面白いかもしれない。

さて、法人名義の車庫証明もとったしもう少しで自家用車が法人名義へと変わる。

個人でものを持つとリスク。法人で持つと良いことがある。その辺は、また今度。

記事が『役に立った!』、『面白かった!』などありましたらシェアしてくれると記事を書く励みになります♪