1歳で川崎病と診断された次男くん。全快して暴れまわっています!

医学

アフィリエイター専業で5年以上!
辛い過去から現在へ辿ってきた道を伝える賢者、中城子龍(ナカジョウシリュウ)です。

先日から入院している次男君ですが、
おかげさまで熱も下がり、
元気にベッドの上で暴れまわったり、
おもちゃコーナーで「ブーブー」
言いながら元気に遊んでおりますw

車で遊ぶ次男

西洋、東洋どちらもバランスが重要

しかし、この「川崎病」
西洋医学では原因不明とされているので、
退院後も何か起こらないかをチェックするために
病院通いが続くとのこと。

私は、西洋医学ともう一つ、
東洋医学もあることを知っている。

医学

しかし、「知っている」だけで、
私が対処できるわけでもなく、
ただ、ただ。次男君がお薬をもらって、
それを飲ませて経過を見るしかできない。

お薬というものは、
確かに便利なんだけど。

それを処理するための
臓器がしんどい思いをして、
身体が弱くなってしまうことだってある。

お薬は、「治す」というよりも、
「抑える」というものだ。

東洋医学だと、
薬に頼るんじゃなくて、
自分自身の力を強めて、
薬に頼らずに根本治療していきましょう。

という方針。
確かに即効性もなくお金もかかるが、
ゆっくり、ゆっくりと、
治していくことができる。

ということが分かっていても、
私には何もできない。

というのが、
非常に心が痛いところ。

もっと自由になって、
東洋医学でしっかりと見てくれる、
名医のところへ通いつめれるように、
さらに私は自由度を上げていく。

究極は、東洋医学の名医を
主治医として迎え入れるくらいの気持ちでw

西洋医学には、
西洋医学の良いところがある。

東洋医学には、
東洋医学の良いところがある。

そこをしっかりと、
見極めれる親として、
成長していきます!

今は、次男君には頑張ってもらおう。

医学