I.T.土方(システムエンジニア)として5年と7ヶ月働いてもらえた退職金の額は?

  1. マインド・考え方
  2. 32 view

アフィリエイター専業で5年以上!
辛い過去から現在へ辿ってきた道を伝える賢者、中城子龍(ナカジョウシリュウ)です。

夜ご飯を食べ終えて、何やらおもむろにキッチン前の棚を片付け始める妻。

ガサガサゴソゴソ・・・

片付け始めてから10分くらいすると、

「あんた、これもう要らんやろ」

と話しかけてくる。我が家では決算などで使うかどうか分からないのでレシートなどすべて残すようにしている。

だから、お金関連の資料があると要るかどうかを聞いてくる。そして、聞いたきたものは、何かを確認してみると。

「I.T.土方時代の退職金明細」

だった。もう5年以上も前のことなのですっかりと忘れていたが金額を見て驚愕。

アフィリエイターとして独立する!と決めてから退職するまでの間、I.T.土方として働いていた年数は、

「67ヶ月」

これを年月にすると、

「5年と7ヶ月」

になる。専門学校時代の友人が1日で入社が決まったから、私も面接に行ったという超適当に選んだ会社。そんな会社でも一応退職金を出す為に、

「独立行政法人勤労者退職金共済機構」

へは、毎月5000円を納付してくれていたようだ。

私の会社は、まだマシなのかもしれないが、他の会社だとこれさえも入っていないかもしれない。

とはいえ、貰える退職金は知れている

退職金明細

5年と7ヶ月間、毎日のように夜遅くまで残業し土曜日、日曜日出勤も当たり前。

大阪から東京へ毎週のように出張。大阪から神戸の端っこまで片道2時間をかけて出勤。

といったことを繰り返してきた。途中、電車の中でうずくまることもあった。これだけ身を粉にして働いたのに退職金は、

「341,550円」

もらえるだけありがたいのかもしれない。しかし、5年と7ヶ月で34万円。これを60歳まで続けて、

「30年ほど」

働いたとしたら、一体、退職金はいくらになるんだろう?単純に6倍で、

「200万」

くらい?納付する年月が増えれば増えるほど掛け率は高くなるのだろうか?私は知らない。ひとつ言えることは、

「こんなお金じゃ何もできん」

ということ。30年以上、汗水垂らして会社の為に身を粉にして働いた結果が200万。

世間一般的に、60歳といえば定年を迎え、老後はゆっくりとやりたい事をして過ごす。しかし、この、

「200万円」

で何ができるんだろうか?旅行なんて出来ないだろう。孫へのプレゼントも出来ないだろう。子供たちに何かがあっても助ける事もできないだろう。

逆に子供たちに面倒を見てもらわなければならないかもしれない。

私は、そんな状態になる事は絶対に嫌だと思っている。

60歳になっても妻と一緒に好きな所へ旅行し、好きな事をし、我慢しないライフスタイルを謳歌したい。

あなたは、身を粉にして働き、定年を迎えた後も余裕がない生活を我慢できるだろうか?

もし、我慢できないのであれば今からでも遅くない。副業でもいい。少しずつ、

「自分でお金を稼ぐ」

という事を練習していかなければならないのです。普段の仕事で疲れているでしょう。でも、たった今から頑張らなければ必ず後に響いてくる。

アフィリエイトに限らずビジネスはコツコツと継続できた人が勝つ。ゆっくりでもいいから進んでいきましょう。

中城子龍公式メルマガ

クズ男時代の26歳から独立起業。
8年間以上、自由なライフスタイルを
実現してきたノウハウ、マインド、
考え方をすべて公開します。

詳細はこちら
中城 子龍

法人2社経営。辛い過去を乗り越え、理想の未来を手に入れる【ミライフプロデューサー】。コミュニティ運営、コンサル、プロデューサー、書籍出版、メルマガ自動化。最短5日収入から始まる年収1億円メソッド。

記事一覧

関連記事