無料メルマガ講座はこちら

情報発信

Facebookでビジネスへの見込み客を集める具体的な方法【5選】

どうも、子龍です。

さて、この記事ではタイトルの通り、
Facebookをビジネスとして使い濃い読者さん、
見込み客を集める具体的な方法をお伝えしていきます。

【5選】なんて大それた記事タイトルになっていますが、
結構、Facebookをビジネスで使ってきて、
いろんな経験をしてきたので参考になるかと思います。

・Facebookでビジネスを始めて2年以上
・お友達5000人、フォロワー2000人
・日本に数社しかないFacebook広告正規代理店から直接学んだ知識
・Facebook広告で何度もアカウントBANされた経験

といった感じで、
ちょろっとFacebookを使ったわけじゃなくて、
Facebookをフルにビジネスとして活用してきました。

実際、Facebook経由で出会った仲間たちが
有料のコミュニティに50名近くが在籍してくれています。

それくらいFacebookを正しく使いこなせば、
まだ見ぬ読者さん、見込み客、仲間を
集めることができるのでしっかりと活用していきましょう。

では、始めます。

濃い読者さん、見込み客を集める上で重要な考え方

Facebookを使ってビジネスに興味を持ってくれるであろう、
濃い読者さんや見込み客を集めていく上で、
この考え方だけは絶対に抜いてはいけない。

それくらい重要な考え方があるので、
しっかりと読んで覚えておいてください。

お友達募集グループなどは無意味

Facebookの中には色んなFacebookグループが存在しますが、
その中でもお友達を5000人まで増やしたい人が集まるグループが存在します。

【最短で5000人のお友達を作ろう】
とか
お友達ほしい人集まれ
とか
お友達をいっぱいつくっちゃおう!
とか

まあ、いろんなFacebook上の「お友達」
増やすためだけのグループが多いこと。

実際、こんなFacebookグループで
お友達を5000人にしたとしても、
全く何の意味もないです。
マジで。

ビジネスは、

「価値 = 対価」

なので、
どこの誰とも分からん人とお友達になって、
自分のコンテンツを購入してくれるか?
っていうと無理でしょう。

こういった相互でお友達の数を増やすのは、
まさに意味のない「見栄」でしかありません。

後は、こういった方法で、
Facebook上でお友達を増やすことで、

「スパムアカウント」

として判定されないように
数を増やしている可能性もあります。

アカウントBANされちゃったら、
スパムメッセージとか送れませんから。

本気でFacebookを使って、
ビジネスを成功させたいのであれば、
こういったお友達増やしのFacebookグループで
増やすことは絶対にやめておきましょう。

外国人やエロ系の友達申請は全部スパム、業者

Facebookを真面目に運用していくと、
徐々に相手からのお友達申請が増えてきたりします。
で、その中で多いのが、

「どこの国かも分からない外国人」

「露出がめちゃくちゃ多い女性」

からのお友達がめちゃくちゃ多い。

これね。
露出が多いんで、
喜んでお友達OKしちゃいそうですが、
絶対ダメ。

彼ら(女性と思わせて大体中身は男)は、
エロ系のコンテンツとか、
そういったものへ誘導するために
スパムアカウントを運営しているだけ。

結局、男どもはアホなんで、
そういった露出系の女性アカウントから
メッセージとか来たら喜んじゃうわけですw

もう分かるでしょうが、
こんなFacebookアカウントとお友達になっても、
全くビジネスにつながることはないので放置。
もしくは、友達申請却下。

ムダなお友達は増やさないようにしましょう。

発信している内容へ共感してくれる読者、役に立つと感じてくれた読者のみを集める

Facebookの規約上は「商用利用不可」となっているので、
基本的にはビジネスとして使っちゃいけません。

でも、いきなりFacebookページを使って、
しっかりとFacebookを運用していくのも
なかなかハードルが高い。

それにFacebookページを使う場合は、
基本的に「Facebook広告」を使わないと、
自分の発信が広がりにくくなっています。

なので、まずは、
Facebook個人で読者の役に立つ情報を
発信し続けることになります。

で、周りの役に立たないアカウントを
見れば分かるんですが、

「真面目に書いていて、役に立つコンテンツ」

を発信している人ってなかなか居ない。
そこで私たちがしっかりと役に立つコンテンツを
Facebookで発信し続ければ、

「共感してくれる読者、役に立つと感じてくれる読者」

が徐々に増えてきます。

そういった情報を発信して、
読むべき読者、読んで欲しく読者へ届けるために
役に立つ読者を集めていく。と。

間違っても、
さっきも伝えたとおり、

「外国人」
とか
「露出系」
とか

お友達増やしFacebookグループで
ムダに5000人とかしなくていいわけです。

常日頃から役に立つコンテンツを発信して、
共感してくれる読者を集めることに注力しましょう。

アカウントの信頼性が上がると毎日100件程度のお友達申請が来る

そして、日々読者の役に立つコンテンツを
Facebook上でコツコツと発信していくと、
突然、何かが分かります。
それが、

「毎日100件以上のお友達申請が来る」

という現象。
ホントに毎日100件以上のお友達申請が来るんですよ。
正直、どこの誰だか分からない人だし、

「メッセージなしでのお友達申請はお断り」

なんて書いているアカウントからも、
当たり前のようにお友達申請が来ますw

で、もう分かるでしょうが、
この毎日100件以上も来るお友達申請に対しても、

「対応なし」

でOK。
これの真意は分かりませんが、

「AIが勝手に判断してお友達申請している」

という説もあるくらい。
実際、私のFacebookアカウントに対して、
毎日のように無言のお友達申請が100件以上来て。

毎回、お友達申請に対して許可すると共に、

「お友達申請ありがとうございます。
これからも宜しくお願い致します!」

というメッセージを送った場合、
たまに、

「いや、お友達申請してきたのはあなたですよ?」

といった返事が返ってきたりします。
こっちとしては、

「いやいや、何の接点もないあんたにお友達申請するかい!」

と思うわけですが、
やはり何かしらの自動でお友達申請などが
動いている気がします。

で、もう何度も何度もお伝えしているので、
分かるでしょう?w
このお友達申請連打も、

「ムダなお友達」

なわけです。
彼らとお友達になったとしても、
何の意味もない。

特に発信している内容を見て、
共感してお友達申請してきたわけでもないので、

「あんただれ?」

状態でお友達になるわけです。

そんなお友達が増えても、
自分が発信している内容を読むかどうかも分からないし、
求めているかどうかも分からないと。

なので、突然やってくる。

「毎日100件以上のお友達申請連打」

は、全部無視でOK。
ここでムダなお友達の数を増やさないで、
しっかりと共感してくれるお友達を増やしていきましょう。

お友達は「量より質」を意識する

そして、最後に、
これまでを読んできたなら分かるでしょうが、
Facebookのお友達ってのは、

「量より質」

にこだわること。

いかに自分の発信している情報、コンテンツに対して、
役に立った、共感してくれるかが
Facebookを使ってビジネスをやる上でカギになります。

そして、記事を読んで、
いいね!やコメントをしてくれる読者さんを
しっかりと集めていくと。

最初は、お友達の数が、

「100人」
とか
「200人」

と、5000人に比べたら、
少なく感じるでしょうが、
しっかりと「質」の高いお友達を増やすようにしましょう。

また、いいね!の数ってのは、
お友達の数に応じて、

「最低でも10%」

はないと共感されていない。
記事を読まれていない可能性が高いです。

私のアカウントの場合であれば、
悪くても、

「10%以上」

良いときだと、

「20%以上」

といった感じで推移します。
それでも、

「お友達申請連打事件」

で何も考えずにOKしまくった結果なので、

「量よりも質」

を意識して、
Facebookのお友達を増やしていけば、
もっといいね!の確率は上がるはずです。

しっかりとお友達の数にこだわらず、
「質」にこだわってお友達を増やしていきましょう。

Facebookで濃い読者、見込み客を集める具体的な方法

Facebookをビジネスとして使って、
濃い読者、見込み客を集める上で
重要な考え方が分かったかと思います。

じゃあ、実際に、
Facebookを使ってどういった方法でやれば、

「ビジネスに共感する、興味がある濃い読者、見込み客」

を増やせるのか?
といったことを具体的にお伝えしていきますね。

普段から読者の役に立つ記事を投稿する

で、Facebookで濃い読者、見込み客を集めるためには、
何が何でも、

「読者の役に立つコンテンツ」

をしっかりと常日頃から発信していくこと。
これが重要になってきます。

ポイントとしては、
Facebook個人アカウントから、
自分のブログ記事への誘導などは基本NG。
Facebook利用規約にもしっかりと明記されています。

なので、外部へ飛ばさずに、
自分のFacebook個人のタイムラインに
役に立つ記事を投稿することを徹底。
※本当はFacebookページが良いけど

そして読者にとって役に立つコンテンツを
発信し続ければ、

「コメント」

が入ってきます。
そういったコメントが入った場合も、
必ずコメント返しをするようにしてください。

そして、コメント返しもしっかりとしつつ、
投稿に対していいね!をしてくれた方に対しても、
メッセンジャーを使って必ず連絡します。

「○○記事へのいいね!&コメントありがとうございました!
これをきっかけにお友達になっていただけないでしょうか?」

といった感じで、
記事に対して何かしらの反応を示してくれた方へ、
お友達になりませんか?とアクションをかけます。

これをなぜ、やるかというと、

「自分が発信した記事」

に対して、

「何かしらの反応を示した」

ということは、

「役に立ったと感じてくれた」
「何かしらの共感を持ってくれた」

ということなので、
さっきもお伝えした、

「お友達は量より質」

という部分がクリアできると。

こうやって、
常日頃から役に立つコンテンツを発信し続ければ、

「濃い読者、見込み客になる可能性がある人」

とお友達になれるというわけですね。

なので、
普段から読者さんの役に立つコンテンツを意識して
しっかりと書いていくようにしましょう。

そして、濃い読者さん、
見込み客をどんどん集めましょう。

見込み客が居るであろうFacebookグループに入って発信する


常日頃から役に立つコンテンツを発信するだけでは、
なかなか輪の広がりを作ることが出来ません。
そこで無料で出来るおススメな方法が、

「見込み客が居るであろうFacebookグループ」

を探して、
そこへ参加申請してグループに入ると。
で、そこでも同じです。

「そのコミュニティ、グループに居る方の役に立つコンテンツ」

を書いて、

「コメントやいいね!」

の反応を示してくれた方へ、

「お友達になりませんか?」

といったようにメッセンジャーで送って、

「量よりも質の読者」

を増やしていく。と。

ちなみに参加するFacebookグループは、
自分が発信している内容に対して、
興味を示すであろう方。

例えば、私の場合であれば、

「家族を守れる力」
「自由なライフスタイル」
「お金を稼ぐ力」

といったことをコンテンツやコミュニティで
教えていくことなので、

「旅行系」
「子育て系」
「グルメ系」

など、
家族に関することや旅行に関することに
興味がある方を集めていくと。

自分のビジネスと同じ部類に入る成功者、有名人、尊敬する人を見る

例えば、私の場合であれば、

「物販」
「アフィリエイト」
「情報発信」
「メルマガ」

といったビジネスが該当して、
自分以外にも必ず、

「そのビジネスでの成功者、有名人、尊敬する人」

ってのは存在するわけで、
そういった方のFacebookのタイムラインへお邪魔します。
そして、

「投稿へコメント or いいね!」

といった何かしらの反応を示している方へ、
メッセージを送ってお友達になりませんか?と
打診していきます。

自分のコンテンツを読んで、
何かしらの反応を示したわけじゃないので、
少し「質」としては薄れるでしょうが。

少なくとも同じビジネスに興味を示している、
何かしらの行動をしている。

という可能性が高いので、
お友達になったあと、

「自分のコンテンツを読んで気に入ってくれる」

という可能性もあるわけです。
なので、

自分と同じようなビジネスをやっていて、
成功者、有名人、尊敬する人の投稿に
反応している方へアプローチしてみるのもアリですね。

Facebookページへのいいね!広告を出す

ある程度、何かしらの発信する情報、
ビジネスが決まっているのであれば、
深いことは考えずに、まずは、

「Facebookページを作る」

ってことを考えたほうがいいです。
もちろんFacebookページの設定には、
ヘッダーとかアイコンとか
色々出来るのでちゃんとやっておくと。

また、Facebook個人ページでも情報発信しつつ、
Facebookページでも役に立つコンテンツを発信していくことで、
Facebookからも評価を得やすくなります。

で、なぜFacebookページを作るのかっていうと、

「Facebookページへのいいね!広告」

を出すことができるから。

基本的に情報発信といったネットビジネスって、
「無料」でも出来ちゃうわけですが、
それは、同じ事をやっている、

「ライバルも一緒」

ってことです。
ビジネスの評価は、

「他人と比べてどれだけ頑張ったか?」

「相対評価」なので、
ライバルと同じ事をやっていたら、
なかなかブレイクすることは出来ません。

その辺の話は他の記事でもやっているので、
見ておいていただいて。

「札束を燃やす」ことでアフィリエイトで成功まで近道できる!どうも、子龍です。 おお、なんてキャッチーなタイトル! 札束を燃やすなんて、、、 そんなことが出来るわけがない。 という...

で、すべてを「無料」でやらずに、
何かしらのお金をかけてビジネスをやるべきと分かりましたと。
そこでおススメなのが、

「Facebookページへのいいね!広告」

なわけです。
なぜ、おススメなのかっていうと、

「ターゲットを決めて一気に攻めれるから」

普通にFacebookをコツコツと運用して、
日々、役に立つコンテンツ、記事を発信し続けて、
記事へのいいね!やコメントを頂いた方へ
「お友達になりませんか?」とやっていくわけですよね。
無料の場合は。

でも、その無料の方法だけでやってしまった場合、
本当に時間が掛かりすぎる。

私も最初はFacebookページを作らずに、
個人アカウントでコツコツと毎日記事を更新して、
濃い読者さん、見込み客となる
お友達を増やし続けたわけですが。

大体、1年近くは掛かりましたからね、、、
それくらい「無料」でやると時間が掛かります。

だからこそ、しっかりと発信するものが固まっていて、
少しでも使える資金(1日200円でもOK)があるなら、
Facebookページへのいいね!広告を出して、

「自分の発信している内容に興味関心がある人」

だけを一気に集めちゃうと。
で、Facebookページへのいいね!を頂いたら、
もう分かりますよね?

そのままボーっとしてちゃダメなんですよ。

「いいね!していただけた方へメッセージ」

を送るわけです。
無料でも有料でもやることは一緒。

Facebookページへいいね!をするということは、
少なくとも何かしらの興味関心があるってことなので、
濃い読者、見込み客になる可能性が高いわけです。

なので、いいね!していただけたら、
「お友達になりませんか?」とメッセンジャーで
一声かけていきましょう。

そうすることで「無料」で集めるよりも、
2倍も3倍も早くなります。

記事を更新しているワードプレスブログにFacebookページを貼り付ける

これは、まあ気休め程度ではあるんですが、

「運用しているワードプレスブログ」

へFacebookページを張り付けるってことをやります。

今、読んでいるこのブログであれば、

「右サイドバーの一番下に設置」
※PCの場合

スマホの場合であれば、
下へスクロールしていただければ、
Facebookページへのいいね!が押せる
バナーが表示されるかと思います。

ブログへのアクセスが多ければ多いほど、
このFacebookページへのいいね!を
押してくれる可能性が高くなるんですが、

正直、そこまで押されることはないですね。
今のところ。

でも、たまにはいいね!を押されることはあるので、
しっかりと他と同じで、

「Facebookページへのいいね!を押してくれた人へメッセージを送る」

ってことを徹底して、
濃いお友達を増やすていくようにしましょう。

読者、見込み客が集まったあとは?

Facebookを使ってビジネスに共感する、
興味がある濃い読者、見込み客を集めれました。と。

ただ、その読者や見込み客を集めても、
何もしなければ売上などは生まれません。

じゃあ、集まった後に何をすればいいのか?
といったこともお伝えしておきます。

見込み客、読者との関係性を構築する方法

あなたがFacebookで読者さんの
役に立つコンテンツを頑張って書いたとします。

じゃあ、そのコンテンツは、
お友達全員に表示されるでしょうか?
答えは、

「ノー」

です。
お友達が5000人いようとも、
5000人のタイムラインに表示されることはありません。
でも、表示される確率を上げることは出来ます。

じゃあ、何をやるのかっていうと、

「お友達になったら最低でも1往復はメッセンジャーでやり取りをする」

ってことです。
Facebookの仕様上、タイムラインに表示されるかどうかってのは、

「相手との関係性ポイント」

を見ています。
これはリアルでも同じですよね?

「会話すればするほど仲が良い」
「メールのやり取りが多ければ多いほど関係性が深い」
「電話で話す頻度が多ければ多いほど関係性が深い」

といった感じで、
何かしらの関係が多ければ多いほど、
相手との関係性ポイントが上がるわけです。

Facebookはそういったところも見ているわけです。
で、関係性ポイントが高ければ、

「タイムラインに表示される」

と。
ただお友達になっただけでは、
相手のタイムラインに表示されることなんて、
ほとんどありません。

なので、
お友達になったら最低でもメッセンジャーで1往復。
コメントを入れてくれたのであれば必ず返す。

といったことを徹底して、
Facebook上での関係性ポイントを増やして、
自分のコンテンツを見てくれる機会を増やしていきましょう。

見込み客、読者を集めたら必ずメルマガへ誘導する

で、これはかなり重要なポイントなんですが、
Facebookを真面目に運用して、

「濃い読者、見込み客」

が集まってきたら、
必ず、

「メルマガ」

へ誘導してあげてください。
LINE@への登録をお願いする方法もありますが、
やはり、いつまでも最強なのは、

「メルマガ」

です。

ビジネスをやっていく上で、
ネットであろうとも、
リアルであろうとも。

もっとも大事なデータは、

「顧客情報」

です。

顧客情報ってのは、
お名前であったり、メールアドレスであったり。
そういった情報を知っているからこそ、

「いつでも連絡がつく」

という状況が出来上がる。と。
で、LINE@よりはメルマガの方が良いってのは、

「LINE@」

では、

「顧客情報は手に入らないから」

です。

LINEはスマホを持っていたら、
大体の人が持っているアプリなので、
メッセージを送ったら見てくれる可能性は高いです。

でも、さっきもお伝えした通り、

「顧客情報」

がもっとも重要なわけで。
LINE@だと何も手に入らない。

最初はLINE@に登録してもらって、
メルマガ登録を促すっていう方法でも良いですが、
LINE@一本ってのはダメ。

結局、LINE@はプラットフォームを借りているだけなので、
アカウントを消されたり、規約を変更されたら終わりです。
それに対してメルマガってのは、

「メルマガ配信スタンドさえあればOK」

今、使っているメルマガ配信スタンドがなくなったとしても、
また違うメルマガ配信スタンドを借りればOK。

もし、どこにもメルマガ配信スタンドが
なくなったのであれば、
外注さんにお金を払って作ってもらえば、
いつでもメールを送ることが出来ます。

なので、
Facebookだけで終わらず、
LINE@一本に絞らず、
メルマガでいつでも連絡がつくように
登録してもらいましょう。

今回のまとめ

まとめ

・ムダなお友達は増えても意味がない
・外国人やエロ系は大体がスパム
・お友達は「量より質」を意識する
・お友達総数に対していいね!が最低10%以上
・役立つコンテンツに共感してくれるお友達だけを集める
・いやがらせコメントしてくる奴は即ブロック
・「おはようございます」などの挨拶おばさん、おじさんもブロック
・常日頃から本気で記事を書く
・見込み客が居る可能性が高いFacebookグループへ参加する
・自分と同じジャンルの成功者、有名人、尊敬する人のお友達に打診してみる
・Facebookページも運営していいね!広告を出す
・ワードプレスでもFacebookページへのいいね!が押せるようにする
・Facebook上でも関係性が大事
・LINE@一本は危険
・必ず「顧客情報」が手に入るメルマガへ誘導する

さて、これでFacebookを使ってビジネスへの
濃い読者さん、見込み客を集める具体的な方法をお伝えしました。

で、どうでしたか?
実際、ここで話したことは知っていたことでしょうか?
これまで意識してやってきたことでしょうか?

おそらく、一部はやっていても、
すべてをやっているわけじゃないと思います。

何でも無料で終わらせちゃうと、
本当に時間が掛かって仕方がないので、
出来ることであれば有料でやっていきましょう。

Facebook広告って聞くと、
毎月何十万とか何百万とか。
使わないとダメに思うでしょうが、
実際は、

「1日200円」

とかでも運用できます。
特にFacebookページへのいいね!であれば。

なので無料にこだわらず、
有料で加速していきましょう。

では、また次回。

ABOUT ME
中城 子龍
中城 子龍
法人2社経営。辛い過去を乗り越え、理想の未来を手に入れる【ミライフプロデューサー】。コミュニティ運営、コンサル、プロデューサー、書籍出版、メルマガ自動化。最短5日収入から始まる年収1億円メソッド。
さらに詳しく学ぶなら無料メルマガ講座へ

合わせて読むと理解が深まる記事一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です