言葉は現実化する。最初から「できない」という言葉は許さない!

アフィリエイター専業で5年以上!
辛い過去から現在へ辿ってきた道を伝える賢者、中城子龍(ナカジョウシリュウ)です。

我が家には5歳の長男、
3歳の長女、1歳の次男。
という3人の子供達がいる。

そんな子供達に、
絶対に許さないことがある。
それは、

最初からできない

気分が悪くなる

ということ。
これやっといて。とか
これやってみて。とか
何かを頼むと、よく、

できひん

※関西弁

といって、
やろうとしないことがある。
こういう時は、完全に鬼教官モード。

大人でも、
子供でも、
最初から、

できない

という言葉を使うことは、
絶対に許さない。

言葉は言霊

なぜなら、

できない

という言葉を使った時点で、
脳は考えることをやめるから。
できないと諦めたら、
そこで考えることをしなくなる。

私は、子供達に、
口を酸っぱくして言う。

できないという言葉を使うな。できると思ってやれ、できないなら頭を使って考えろ!

と。
やってみてできなかったら、
なぜ、できないのか?
どうすればできるのか?

を自分で考えれるように
ならなければならない。

これは子供でも、
大人でも一緒だ。

だから、私は、
最初から答えを教えない。
まずは、自分でやってみて、
頭を使うことをやらせている。

これからの時代、
を使う労働は、
必ず終わりがやってくる。

  • 工場のレーン作業
  • エレベーターガイド
  • 旅行ガイド
  • 宅配サービス
  • お店の接客
  • 自動車の運転
  • ・・・etc

人間がやらなければならない仕事は、
どんどん減っていくだろう。

なぜなら、すべて
ロボットがやってくれるのだから。

現にGoogleやアップルなどの
企業がこぞってAIの開発に力を入れている。

だから、私たちは、
を使い働かせる必要がある。
ロボットのブレーン(脳)として、
考える力を鍛えていかなければならないのだ。

そして、子供達には、
絶対にを使った労働なんて、
して欲しくないからこそ、
私は頭を使え!と叩き込んでいるのです。

あなたは、最初から
できないと思い込んでいないだろうか?

記事が『役に立った!』、『面白かった!』などありましたらシェアしてくれると記事を書く励みになります♪