両親が毎日殴りあいの喧嘩をした結果。生存率3%、兄が白血病に

  1. 辛い過去から成功までの軌跡
  2. 3 view

アフィリエイター専業で5年以上!
辛い過去から現在へ辿ってきた道を伝える賢者、中城子龍(ナカジョウシリュウ)です。

今回は、私が小学生5年の頃、
兄が高校1年生の頃のお話。

毎日の様にカカト落としや、
ハイキックをくらって、
イジメられながらも、
普段はよく遊んでいました。

例えば、
光栄の三国志、
光栄の信長の野望、

といった歴史シミュレーションゲームが、
お互い大好きで二人で一緒にやったり。
(攻めて勝ったらカカト落としされる)

スクウェア・エニックス
(当時はスクウェア)
のファイナルファンタジーについて話をしたり。

スクウェア・エニックス
(当時はエニックス)
のドラゴンクエストについて話したり。

親にはどこにも連れて行ってもらえないので、
二人で時間があればゲームをしていました。

気がつくと口に指を入れている姿

そうやって過ごしているうちに、
兄がいつも同じ行動をするようになりました。
それが、

「口に指を入れる」

「指についた血を椅子の裏側につける」

という行為です。
椅子が血だらけになっている光景は、
ありえない状況ですが、
その時は何とも思っていませんでした。

やっと親が気付いて歯医者へ

歯医者

まったく私たちに興味を示さない母親が、
遂にその状況に気づきました。
気付いた母親は、歯医者へ連れて行きます。
結果、

「これは虫歯じゃない。大変な状況です。」

と言われ。
大阪でも有名な病院を紹介されます。
そして、検査の結果。

「白血病」

と診断されたのです。
私は、最初どんな病気かも分からないので、

「ふ〜ん。そうなんや。」

程度にしか考えていませんでした。
しかし、ある日、母親が、

「お兄ちゃんな。死ぬかもしらんねん。
治る確率は3%やねんて。」

と告げられました。
そう言われても家族の前では、
あまり感情を示さなくなっている私。
涙は出ませんでした。

でも、誰もいない部屋で、
お兄ちゃんが居なくなることを
想像すると、めちゃくちゃ悲しくて、
一人で泣きまくりました。

一方の父親の反応は・・・

酒のみ廃人

一方の父親は酒漬けで、
何もやる気がなく廃人状態。
母親に病気を告げられても、
泣きもせず無反応でした。

それが原因で、またケンカ。

さらに病院代は、バカになりません。
これまでやってきた、
ギャンブルの借金に加えて、
治療代も借金することになります。

借金の額を聞いたことはないですが、
最低でも数百万円。
下手するとウン千万円単位まで
行ってたかもしれません。

病気へ関心を示さない態度でケンカ。
金がなく借金が膨らんでいくことでケンカ。
仕事をしないことでケンカ。

もうケンカをしない日、
なんてありませんでした。

生存率3%を生き抜いた兄

白血病

それから1年近く入院を続け、
治療を受け続けました。
その間、私もよくお見舞いに行きましたし、
母親も行っていました。
(父親は多分行ってない・・・)

兄は、非常に生命力が強く、
背中から骨髄液を抜く時も、
絶対に声を出すことなく、
泣くこともなく我慢していたと聞きます。

薬で毎日のように吐いても、
髪の毛がすべて抜け落ちても、
弱音を一切吐かなかったようです。

そんな兄は、日々の治療に耐え抜き。
生存率3%を乗り越えました。
彼は、今でも元気に生きていて、
フラワーデザイナーとして働いています。

夫婦仲が悪いと必ず子供に影響が出る

141209arakawa-600x422

有名なマーケッターの方が
出しているビジネス書籍でも、
こう書かれていました。

「夫婦仲が悪くなると必ず子供が病気になったり、問題が起きる」

と。
この言葉は、まさにその通り。
夫婦仲が悪くなると、
そういう運を引き寄せてしまうんでしょう。

私の奥さんの実家でも、
一時期、失業し夫婦仲が
悪くなったようです。
その時に起こったのが、

「弟の大きな病気」

彼も、また医者に死ぬかもしれない。
と宣告されましたが、復活。
今でも元気に生きています。

なぜ、夫婦仲が悪くなると
子供が病気になるのか?
それは、

「お前らケンカしてる場合じゃない。きっかけを与えてやるから、また協力して仲良くなれ。」

と言われているんだと思います。
結果、嫁さんの実家は、
協力するようになり、
親父さんは、社長として成功しています。

しかし、我が家の家庭環境が
回復することはありませんでした。
なぜなら、

「父親は完全に諦めていたから」

そうなると協力なんて一切ありません。
ただ、ただ。寝ている姿を見て、
酒を飲んでいる姿を見て腹が立つだけ。
もうこの家庭を修復することは無理だったのです。

一生のパートナーへの感謝を忘れないこと

夫婦円満

私も結婚してから数年間は、
嫁さんへの感謝を伝えてきませんでした。
感謝を感じていなかったかもしれません。

でも、ある方と出会い改心するとともに、
これまでに経験したことを思い出しました。
今では、朝起きたら抱きついて

「今日も可愛いね〜」

とするのが当たり前。
何かしてくれたら、

「ありがとう」

という気持ちを伝える。
嫁さんのことを考えて、
先回りして何かをしておく。

小さな子供3人をお願いして、
友人達と食べに行ったりしたら、
嫁さんが好きそうなものを、
必ず買って帰る。

こういったことをやって、
夫婦仲が悪くならないようにしています。

嫁さんが笑っていれば、ビジネスも上手くいく。
嫁さんが笑っていれば、子供達もイキイキする。
嫁さんが笑っていれば、家庭が明るくなる。
・・・etc

夫婦仲が良いことは、
とてもメリットだらけ。
恥ずかしくても、
感謝の気持ちを伝えましょう。
ビジネスをやっていく上での第一歩です。

8年間以上、生き抜いてきたすべてを無料で公開中!

私がやっているビジネス、経験、考え方、マインドなどをすべて無料で公開していきます。

詳細はこちら
中城 子龍

法人2社経営。辛い過去を乗り越え、理想の未来を手に入れる【ミライフプロデューサー】。コミュニティ運営、コンサル、プロデューサー、書籍出版、メルマガ自動化。最短5日収入から始まる年収1億円メソッド。

記事一覧

関連記事