長男(4歳)の運動会。成長に思わず涙

アフィリエイター専業で5年以上!
辛い過去から現在へ辿ってきた道を伝える賢者、中城子龍(ナカジョウシリュウ)です。

前日は、夜8時頃に子供3人を寝かしつけ、翌日開催される。

「保育園の運動会」

に向けて体力を温存。翌朝6時前に起きる長男と長女。早すぎる・・・。そして元気すぎる。まだ眠たいのに叩き起こされましたw

宮崎駿監督の名作「トトロ」でメイちゃんが寝ているお父さんの上に乗って、

「えい!起きろー!」

と起こす感じで。朝ごはんを軽く食べさせて、8時から運動会がある小学校で場所取り。

去年は何もしてくれなかった

何もしない娘

去年の今頃、長男は3歳で運動会に参加。家でもダンスをいっぱい練習。

きっと保育園でも、かわいい姿を見せてくれるぞ!と期待していたら、

「入場と同時に友達とケンカ」

して、そのまま泣いて何もせず終わり。とても残念な運動会になってしまった。

そんなこともあって、今年こそはちゃんとしてくれるかな?と思いながら見ていたら、

「めちゃくちゃ楽しそうに踊る長男」

芸人オリエンタルラジオの、「PERFECT HUMAN」や、ジャニーズWESTの、「ええじゃないか」を踊っている。しっかりとビデオ撮影しながらも、

「こんなに成長したんだな〜」
「子供3人も居ながら、4年間大変だったな〜」
「今年は本当に楽しそうに踊っているな〜」

と色々思い出すと涙が止まらなかった。声を押し殺して泣く。妻もカメラで撮影しながら泣いていた。

それとは逆に3歳の長女が全くやる気がなく、何もやってくれなかったが。。。

家ではとても可愛くダンスするのに保育園で練習になると踊らない。きっと来年は泣かせるくらい、可愛く踊ってくれることを期待。

1歳の次男くんも車の形をした手押し車で催しに参加してくれました。

I.T.土方時代では来れなかったかもしれない

プログラミング

システムエンジニアといえば聞こえがいいかもしれないが、私が就職した会社では、低賃金・重労働のI.T.土方。この時代は、

「残業50時間は普通」
「土、日出勤も当たり前」

という状況。それが常に続く。暇な時期なんてほとんどない。そんな状態だったので、

「休日は寝ダメして、どこにも出かけたくない」

という心境。保育園の運動会でさえ楽しめなかったかもしれない。

そういった意味でも、I.T.土方を早々に抜け出し、アフィリエイト一本で生き抜いてきて良かったな。とつくづく思う。

あなたは、低賃金、重労働で子供達の催しを楽しめる自信はあるだろうか?

私には無い。そもそも3人も養う力なんてなかっただろう。

だからこそ、早々に抜け出し「自由な時間」を手に入れなければならないのです。

記事が『役に立った!』、『面白かった!』などありましたらシェアしてくれると記事を書く励みになります♪