毎月開催される秘密の会合。開催されるごとに盛り上がる会長の教え

  1. 大富豪から学ぶ実践的な経営戦略
  2. 1 view

アフィリエイター専業で5年以上!
辛い過去から現在へ辿ってきた道を伝える賢者、中城子龍(ナカジョウシリュウ)です。

この日もやってきた
「秘密の会合」二日目。

二日目の会場は、
お肉が全く出てこなかった、
沖縄創作料理屋とは違い焼肉店。

沖縄の焼肉店

一日目の創作料理屋では、
「えいやーさーさっ」と、
民謡が大音量で流れて、
会長のお話が聞こえにくい。

という事態に、
普通の一般客なら嬉しい演出だが、
この日は違う。

大事なお話を聞きたいので、
お店の特色でもある、
何度も流れる30分間の民謡に
イラっとしてしまった。。。

二日目は貸切で静か

しかし、二日目は、
焼肉店を貸し切り。

曲もかかることなく、
静かに会長のお話を聞くことができる。

ということで、
私たち三武将は、
いつもの陣形で挑んだ。

<三武将陣形>
  信長
 /   \
子龍ー関羽

この三武将で並ぶと、
不思議とパワーアップして理解度が高まる。

今回も私たちはやってきたこと、
調べてきたことを元に、
質問もさせていただいた。

私が初めて「秘密の会合」に参加したのは、

「2016年5月」

にハワイで開催された時だ。
その時は、私はまだ一人で活動していた。

いわば、
全く覚醒していない時期だ。

だから、会長のお話を聞けるだけで、
満足していた自分が居る。

「へ〜、凄い世界だな〜」

くらいしか思っていない。
なので質問なんてもってのほか。

「何を質問すればいいのかも分からない。」
「こんな自分が質問をしていいのかも分からない。」

あれから8ヶ月が経過

そんな状態から8ヶ月。
10月ごろから三武将を組み、
三武将でいろんな話をし、
知識を共有していった。

そして、やっとのおもいで実績を出し始め、
質問をできる状態にまでなれたのだ。

おそらく、他の仲間たちも
同じ気持ちだっただろう。

「こんな自分が質問をしていいのか?」
「何を質問すればいいんだ?」
・・・etc

しかし、私たちが質問をすることで、
他の仲間たちもどんどん質問をする。

いつの間にか、
私たちの間に入って座る仲間もw

これまでは自席から
動かないことが多かった。
しかし、今回は違った。

「会長のお話をしっかりと聞きたい!」

そんな気持ちが前面に押し出されたかのように。
会長の周りに集まってきた。

会長の元に集まる

これまでに無いくらい、
熱い、熱い「秘密の会合」だっただろう。

それくらい三武将の能力も上がり、
他の仲間たちの実績も上がり始めて、
レベルが上がってきている。

最初から答えは教えない

会長は、「本質」を簡単にはお話をしない。

なぜなら、最初から「答え」
教えてしまっては意味が無いからだ。

最初から「答え」を知ってしまうと、
人は成長しないことを私は知っている。
[aside type=”normal”]※私のスクールでも最初から「答え」は言わない[/aside]

有名な話で例えると、

「魚を与えるんじゃなくて、魚の釣り方を教えろ」

というものだ。

だから3年以上続いている
この「秘密の会合」だが、
なかなか「本質」に気付けずに、
消えていった仲間も沢山居る。

単純にレベルアップが遅れていたのだ。
しかし、今は違う。

みんなが実績を出し始め、
「本質」に気付き始めてきた。

「不安」から「確信」へと
認識が変わり始めている。

だからこそ、
私たち三武将は、

「未来は決まっている」

と断言している。
やることは明確だ。
あとは、

「勇気、実行、行動力」
「やるか、やらないか」

の問題。
まだまだ会長のお話には、
奥があるはずだ。

しかし、その奥を引き出すためにも、
私たちがレベルアップをしなければならない。

8年間以上、生き抜いてきたすべてを無料で公開中!

私がやっているビジネス、経験、考え方、マインドなどをすべて無料で公開していきます。

詳細はこちら
中城 子龍

法人2社経営。辛い過去を乗り越え、理想の未来を手に入れる【ミライフプロデューサー】。コミュニティ運営、コンサル、プロデューサー、書籍出版、メルマガ自動化。最短5日収入から始まる年収1億円メソッド。

記事一覧

関連記事