新しいこと(起業など)を始めようとする時、最も敵となりうるのは両親や兄弟。

残業代がつかない

アフィリエイター専業で5年以上!
辛い過去から現在へ辿ってきた道を伝える賢者、中城子龍(ナカジョウシリュウ)です。

私はI.T.土方のサラリーマンとして、
5年から6年間働いた。

その間、あまりにも仕事内容が
きつくてアトピーがひどくなり、
夜も寝付けなくなる状態に。

社会人2年目で退職を考える

o0400040013916932744

それは2年目の頃、
私は会社を辞めることを決意して、
よくしてくれていた上司に、

子龍
「僕はもう辞めます」

と言った。

子龍
「もう自信がありません。」

と。
それを聞いて上司はこう言った。

上司S
「そうか。お前がそう決めたなら辞めればいい。でも、お前はできると思うよ。お前のことをみんな評価してくれているよ。」

と。

家族にも退職宣言

退職するぜ

そして、家族にも宣言した。
そうすると、どうなったか。

両親、兄弟
「会社は辞めるな」
「正社員が一番や」
「この先、どうするんや」
「何を考えてるんや」
「そんなんできるわけないやろ」
・・・etc

私の会社への思い。
どんな辛い思いをしているか、
どんな状態なのか。

会社を辞めて、
どういったことをやろうとしているのか。

を話しても、
聞く耳を持たない。
頭ごなしに、

両親、兄弟
「会社は辞めるな」

で終わりだ。

結局家族の反対に押し切られて

退職を断念

結局、そこで辞めることはなく、
それから3年以上続けた。

そして、I.T.土方から
独立をするとき、
私は、

「誰にも話さずに」

会社を辞めた。

(後日、嫁にめちゃくちゃ怒られたがw)

その後に母親にも、

子龍
「会社辞めたよー」

と告げた。
もちろん返答はこうだ。

母親
「はぁ!あんた大丈夫なんか?」
子龍
「おう、大丈夫やで。」

と返事をして終わり。

自分の人生。他人は関係ない

私の人生は、私のもの。
誰かにとやかく
言われる筋合いはない。

自分が決めた道は、
何があっても曲げない。

自分がやると決めたら、
絶対にやりきる。

何か新しいことを
始めようとしたとき、

「味方に敵あり」

これまで会ってきた成幸者全員が、
自分が決めた道をブレずに、
軸を定めて歩んできたのです。

自分が決めた道、
やると決めたなら、
最後までやりきっていただきたい。