師匠、オリジナルを超えるには自分の才能や特性を知ることが重要

蜘蛛の団、団長

アフィリエイター専業で5年以上!
辛い過去から現在へ辿ってきた道を伝える賢者、中城子龍(ナカジョウシリュウ)です。

2017年時点で世界の人口は約74億人。
日本の人口は約1億3000万人。

日本人であろうと、
アメリカ人であろうと、
ロシア人であろうと。

人それぞれの特性は違う。

自分の特性を知る

特性

リーダー、王として活動することが得意な人。
コピーして愚直にやり続けることが得意な人。
一つのことを研究し続けることが得意な人。
他人の英知を使い軍師として暗躍する人。
感覚だけですべてがうまくいっていまう人。
・・・etc

といった感じで、
みんなそれぞれで特性を持っている。
そして、この中で私が持っている特性は、

「一つのことを研究し続けることが得意な人」

であり、

「コピーして愚直にやり続けることが得意な人」

なのだ。
私がこれまでに成幸してきたのは、
ひとえに、

「本物の成幸者のマネ」

をしてきたからだ。
サイトアフィリエイトだってそう。
本物の情報商材を手に入れて、
それをそのまま愚直にやり続けたからだ。

失敗した時は中途半端

失敗

サイトアフィリエイトを始めて、
1年と半年間は報酬0円で失敗続きだった。
この時は、どうだったかというと、

「コピーは断片的」

だった。

「ここは要らないだろう」
「ここは重要じゃないだろうな」
「ここはめんどくさいから後回し」
・・・etc

といった感じで、
「完全に」コピーするわけじゃなく、
「ある程度」をコピーしたことで、
本質を理解できずに失敗。

しかし、その後、
徹底的に本物の情報商材を元に実践して、
本質を理解しコピーした。

サイトアフィリエイト以外もコピー

蜘蛛の団、団長

サイトアフィリエイトで成幸した後も、
物販戦略においても、
何においても、

「必ずコピー」

する。
漫画でいうと、ハンター×ハンターの、

「幻影旅団「蜘蛛」の団長、クロロ・ルシルフル」

だ。
自分が欲しいと思った能力は、
すぐにコピーしようとする。

コピーはオリジナルを超える

超える

そして、そのコピーだが、
普通に考えると、

「2番煎じ」

と思うかもしれない。
しかし、私のコピーは、

「本質を完全に理解する」

だからコピーして、
愚直に何度も、何度も、
ず〜っとやり続けて、
結果、

「オリジナルを超える」

ということがよくある。
先日にも話した「守破離(しゅはり)の法則」
にも通ずることなのだ。

守破離(しゅはり)とは、
日本での茶道、武道、芸術などにおいて、
師弟関係のあり方の一つ。
どういうことなのかというと、

「守(しゅ)」

最初は、師匠に言われたこと、
型をしっかりと聞いて「守り」。

「破(は)」

その型を守り続けた結果、
自分と照らし合わせて研究し、
自分に合ったより良い型を
作ることにより「破る」。

「離(り)」

そして、自分自身が作り出したら、
自分自身の技についてよく理解でき、
型から自由になり型から「離れ」、
自由自在になる。

この法則を意識して、
コピー能力を研ぎ澄ませれば、
とんでもなく成長が早い。

もし、自分でコピー能力が高い!
と感じているのあれば、
それは間違いではない。

その能力を徹底的に伸ばし、
成幸者のマネをして本質を盗み、
オリジナルを超える。

当たり前のことなので、
あまり言いたくないが、

Facebookで他人の記事をそのままコピーしたり、
ちょっと言い方を変えて書いたり。
サイトをそのままコピーしたり。

といった類のコピーは、
「クソ」なので、
絶対にやめておいたほうがいい。
何度も言っている通り、

「本質をコピー」

しなければ何も意味がない。
それこそ、ただの2番煎じ。
成長もしないし、
オリジナルを超えることもできない。

下手すると、
こういったことをやると、
訴えられて罰金が課せられる。

しっかりと「本質」をコピーして、
オリジナルを超えてしまおう。