子供の発表会で連弾【ピアノ暦0の父親と連弾した結果】

piano

アフィリエイター専業で5年以上!
辛い過去から現在へ辿ってきた道を伝える賢者、中城子龍(ナカジョウシリュウ)です。

去年9月から始まった、
子龍がアフィリエイトを
サボりにサボって
周ってきた、

「ツケ」

それから、毎日のように

「俺は一体何をやっているんだ・・・」

と半泣き状態で、
アフィリエイトの作業に
明け暮れる日々。

「こんなバカな状態で、
家族を守れるわけが無い!」

と自分を奮い立たせながら
頑張ってきた。

その頑張りは、
今も続いているが、
大分、状況は良くなってきた。

しかし、去年の12月。

は、そうも行かない。
1月もそうも行かない。

指令は突然に・・・

そんな状態で、
妻からの突然の指令はやってくる。

「長男の連弾の発表会は、あんたと弾くんやで」

お、おう。

・・・

・・

え?マジで?
うそーーーーーん。
えーーーーーーーっ!

いつも、妻は、
子龍に試練を与えてくる。

そうやって、子龍は、
人として親として
成長してきた。

しかし、今回は状況が違う。

アフィリエイトで夜中まで作業して、
死に物狂いでやっている状態。

そんな状態で、
突然の指令。
もちろん、

「子龍はピアノ暦ゼロ」

昔から歌も音痴で、
友人とカラオケに行ったら、

「100点満点中、60点」

とか当たり前。
妻の前でちょっと歌うだけでも、

「そこ、違う。歌うな。」

と厳しく指摘される始末。
そして、小学校から

「音楽の授業が大嫌い」

で、ハーモニカ、タテ笛などの
テストでは毎回、最後まで合格できない。

しかも、タテ笛を使って、

「戦い」

を繰り返すので、
タテ笛の下はどこかに飛んでいって
なくなった状態。
そんな、

「超絶、音痴人間」

で、

「リズム感がクソ人間」

が、しかも、

「ピアノ暦ゼロ」

で、さらに、

「初めての発表会」

という暴挙。

やると決まったらやるしかない

子龍の昔からの記事を
読んでいるなら分かるでしょう。

「やると決めたらやる」

と。
そして、何度も口を酸っぱくして
言っていること。
それが、

「どんなことでも1日30分、1時間を習慣化して繰り返せば出来る」

と。
これだけ明言しているにも関わらず、
子龍が実現しないわけにはいかない!

ということで、
1月4日から練習開始。

当然、

「楽譜」

なんて読めるわけが無い。
今から楽譜の勉強をしていたら、
絶対に間に合わない。
と感じた私は。

「必殺のコピー能力」

を発動。
妻に子龍の曲を弾いてもらって、

「手元を撮影」

子龍は、それを見ながら、
毎日練習した。

一度、決めたことは
絶対に崩さない。

「最低でも1日1回は弾く」

を繰り返し、
1ヶ月も経たずに弾けるように。
後は、

「息子との連弾」

を練習。
そして、きたる

「2018年3月10日」

ピアノの発表会開催。
スーツを着て、
息子と連弾。

正直、練習では余裕で弾けていたので、
本番も、

「どやっ!」

って感じで終えて。
この記事としても、

「ほら、毎日やったら出来るやろ!」

と示したかったのだが、
結果は・・・。
詳細は、動画でw



ピアノは、アレですね。

「指で覚えているから、途中で考えると失敗する」

ということが分かりました。
そして、ピアノもアフィリエイトも
どんなことでも、

「毎日続ければ、必ず成長できる」

ということは、
示せたかな?と思います。

しかし、最後。
綺麗に決めたかったんだけどな~。
あー、くやしい。

piano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です