サラリーマン時代(システムエンジニア)の時に居た。仕事ができない人の特徴!

  1. マインド・考え方
  2. 20 view

アフィリエイター専業で5年以上!
辛い過去から現在へ辿ってきた道を伝える賢者、中城子龍(ナカジョウシリュウ)です。

朝早くから電車に乗り込み、
通勤ラッシュの中、
おっさんに背中をくっつかれながら、
新聞を大きく広げている
おっさんにイラっとしながら出社。

「おはようございます〜」

と同僚に挨拶をしながら着席。

朝から「忙しい!忙しい!」

そこで、すかさず聞こえてくる。

「あ〜!忙しい!忙しい!やることいっぱいなんですよ〜!!」

という声と共に、
ドタバタ動いている同僚。
こんな光景をよく見たことはないだろうか?

そして、この「忙しい」アピールをしている
同僚は大きなミスを犯していて、
数時間後には上司に怒られている。

忙しいアピールをする人は基本的に無能

常に忙しい人

こういった「忙しい」アピールをしている人は、
総じて、

「役立たず」

というレッテルが貼られているということが多い。
常に忙しそうにしている割には、
特に成果を上げているわけでもなく、
夜遅くまで残業していたりする。

「忙しい」という言葉の魔力

だから、私はシステムエンジニアとして
働いている時から、

「忙しい」

という言葉は一切使わないようにしていた。
なぜなら、

「忙しい」

という言葉を使うということは、

「俺はこれ以上のことはできない」

と言っているのと一緒。
「忙しい」という言葉を使うだけで、
思い込みが発生し思考が停止する。
自分の限界を作ってしまっている。

そうなると、どうなるのか?
仕事をどうやって上手く回せばいいのか?
効率的にするにはどうすれいいのか?
といった思考がどこかへ飛んでしまうのです。

そこで成長は停まり、
一生仕事ができないレッテルを貼られたまま
生きていくことになる。
だから私は、

「忙しい」

という言葉は一切使わない。

大富豪も同じことを仰る

秘密の会合

これは、毎月「秘密の会合」
お話を聞かせていただいている。
大富豪御方も同じことを仰っていた。

「忙」

は、

「心を亡くす」

という意味だ。
「心を亡くす」ということは、

「脳みそ、頭を使わなくなる」

そうなると人間は成長しないし、
ただ体を動かすことしかできなくなるんだ。
と。

もし、あなたが「忙しい」という言葉を
連呼してきたのであれば、
それを今日から今すぐやめていこう。

やることがたくさんあるなら、
それをどうやって効率的に進めていけばいいのか?
誰かにお願いすることはできないのか?

しっかりと脳みそを使い、
頭を使って成長していきましょう。

【期間限定】公式メルマガ登録と同時に3大特典をプレゼント中

現在も有料販売中の電子書籍とセミナー動画と大富豪から学んだ節約術をプレゼントします。クズ男から転生して成功者へとのぼりつめる方法をすべて公開中。

詳細はこちら
中城 子龍

法人2社経営。辛い過去を乗り越え、理想の未来を手に入れる【ミライフプロデューサー】。コミュニティ運営、コンサル、プロデューサー、書籍出版、メルマガ自動化。最短5日収入から始まる年収1億円メソッド。

記事一覧

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。