【現実】サラリーマンの役員、役職に昇級すれば給料は上がる?!

  1. マインド・考え方
  2. 4 view

アフィリエイター専業で5年以上!
辛い過去から現在へ辿ってきた道を伝える賢者、中城子龍(ナカジョウシリュウ)です。
 
私がI.T.土方として
働いていたサラリーマン時代。
毎日朝から夜遅くまで残業。

当たり前のように
会社に出勤して仕事をしていた。

その時に思っていたことがある。

「俺も課長、部長になれば給料がたくさんもらえる!」

と。

課長に昇進した課長の手取り

給料

しかし、現実は違った。

それを知ったのは、
仲良くしていた先輩が
「課長」に昇進した時だ、
その先輩はこう言った、

「俺、課長になったけどな。給料減ったわ」

と。
ん?この人は何を言っているんだ?
と一瞬思ったが答えは簡単だった。

「役職に就くと残業代が出ない」

という現実。

役員報酬はついても残業がつかない

残業代がつかない

私がやっていたI.T土方というのは、
朝9時に出社して、
夜11時に退社。
 
なんていうことは当たり前。
ひどい時は休日出勤だってする。
1ヶ月の残業時間が100時間超えは普通。
ひどい時で150時間、200時間はある。

これを残業代で計算すると結構な額だ。

「100時間 × 1800円 = 180,000円」

単純計算でもこれくらいにはなる。
しかし、「課長」という役職に就くと、
この残業代が、

「0円」

さらに、「役職手当」は、

「5万円」

あれ?役職に就いてるのに、
大幅に給料が減っているよ?
しかも役職に就いたから責任も重大。

元気だった先輩も、
みるみるうちに元気が無くなった。

その先輩はアトピーを患っていて、
さらにひどくなっていく一方。

そして、その方は独立して、
培ってきた顧客を持っていくのだがw
[aside type=”warning”]後日、大問題に発展した模様[/aside]

もし、サラリーマンをやっていて、
役職に就けば給料も上がる!

なんてことを思っているのであれば、
しっかりと会社の規定を
調べることをオススメします。

私が働いていた会社のように、
逆に給料が減ることだってある。

ただ言われた通りに仕事をこなし、
言われた通りに働くんじゃなくて、
色々と頭を働かせていきましょう。

8年間以上、生き抜いてきたすべてを無料で公開中!

私がやっているビジネス、経験、考え方、マインドなどをすべて無料で公開していきます。

詳細はこちら
中城 子龍

法人2社経営。辛い過去を乗り越え、理想の未来を手に入れる【ミライフプロデューサー】。コミュニティ運営、コンサル、プロデューサー、書籍出版、メルマガ自動化。最短5日収入から始まる年収1億円メソッド。

記事一覧

関連記事