【デメリットまとめ】サイトアフィリエイトは自宅で出来る仕事・副業だけど

アフィリエイター専業で5年以上!
辛い過去から現在へ辿ってきた道を伝える賢者、中城子龍(ナカジョウシリュウ)です。
 
サイトアフィリエイトに限らず、
アフィリエイトという仕事が始まった頃から、
言われている言葉。それが、

「自宅に居ながら仕事が出来る!」

という出不精で、
家に引きこもりながら集中したい子龍としては、
この上ないお仕事w

この言葉を見た瞬間から、
絶対にやりたい!と思ってしまった。
それくらい魔法の言葉。

ちなみに、アフィリエイトという
マーケティング手法が日本に入ってきたのは、

「1999年」

アメリカではその3年前の「1996年」
アフィリエイトという仕事が生まれました。

子龍が初めて「アフィリエイト」という文字を目にした年

確か、私が「アフィリエイト」という
仕事があることを知ったのが今から10年ほど前。

「2007年ごろ」

私がI.T.業界の社会人として始めた、
1年目から2年目の頃かな?

この頃から「アフィリエイト」という言葉が
ちらほらと出始めていました。

1999年から考えると、
既に8年近く経っていることになるので、
すでに、

「後発組はもう勝てない」

と言われていた時代。
先行利益を得ていた先駆者たちが、
稼ぎに稼ぎまくっていた時代。

そんなことを言われながらも、
現在、私はサイトアフィリエイトで
生き残っているんですけどね。

先駆者たちは、
後発組をどうにかして参入させないように。
成功させないようにと考えていた人ばかりでした。

そんな魅力的なお仕事「アフィリエイト」

自宅で出来る仕事なんだけど、
メリット・デメリットも存在しています。
今回は、デメリットのお話。

まずはデメリット

切り替えが難しい

切り替えスイッチ

会社に出社するサラリーマンであれば、

「朝9時出社」

という強制的な条件を与えられているので、
満員電車だろうと、電車遅延だろうと、
何とかして出社しようと頑張ります。

しかし、自宅で仕事が出来る社長となれば、
出社時間なんて無いので、
いくらでも調整が可能。

だから、何時から仕事をしよう!という
ことを強い心で決めないとダラケる。
ということになるんですね。

社長として、
しっかりと時間を決めて
お仕事をしないと
本当にダラダラしがちになります。

誘惑に負ける

テレビという誘惑

サラリーマンであれば、
自由にテレビを観たり、
インターネットをしたり
することも出来ません。
※やってる奴も居ますがw

それに対して、
自宅で仕事をしていると、
誘惑だらけ。

「テレビ」
「インターネット」
「漫画・雑誌」
・・・etc

ふっと気を緩めたら、
目の前にやりたいことが見えるので、
そっちに心がブレそうになる。

お昼寝が長くなる

お昼寝

私がサラリーマン時代のときは、
12時に昼食休憩が始まり、
お昼ごはん開始。

お昼ごはんが終わったら、
机に突っ伏してお昼寝。

大体15分から30分は、
決まってお昼寝してました。

13時になれば、
チャイムが鳴って強制的に
仕事が再開されますからね。

それに対して、
自宅で仕事ができるようになった私は、
今でもお昼寝するようにしています。

大体12時辺りから
お昼ごはんを食べて、
お昼寝開始。

リビングのソファに寝転がって
iphoneのタイマーを30分でセット!

しかし、30分後にタイマーが鳴っても、
まだ眠い・・・という状態になり、
さらにタイマーで30分セット。
 
結局、1時間近くお昼寝してしまう。

なんてことも多々あります。
まぁ、自分の意志が弱いって事でもありますがw

常に仕事のことを考えてしまう

閃き

これも「切り替えが難しい」
同じ意味になりますが、
仕事のことをず~~っと
考えてしまうことが多いです。

あれをこうすれば?
これをああすれば?

ああでもない、
こうでもない。

とずっと考えてしまいがち。
ちょっと脳を使いすぎて、
頭痛がするときもあります。

面倒なことがあると引きずる

引きずる

これも「切り替えが難しい」と一緒。

仕事で税務処理でめんどくさいことがあったり、
サイトアフィリエイト作業で嫌なことがあったり。
問題が発生したりすると。

18時になっても、
スイッチを切り替えることができずに、
そのまま寝るまで引きずる。

なんてことも多々あります。
その結果、妻や子供たちに優しくできなかったり、
ちゃんとした対応ができなかったり。

後から悔やむことが多いです。

経営の基礎が学びにくい

段階

経営といえば、

「物を仕入れる」

「商品を売る」

「売上-経費で利益を計算する」

というのが基本的な流れ。
特に物を販売する物販だと、
この流れで商売をします。

ただ、アフィリエイト。
サイトアフィリエイトは、

「物を仕入れる」

という部分が基本的には無いです。
あるとしたら、サイトで紹介するために
その商品を実際に購入して体験する。

といったくらい。
だから、経営の流れとしては、

「商品を売る」

実際は売らずに紹介して手数料をもらう

「売上ー経費で利益を計算する」

という流れ。
なので、

「利益率が90%以上」

なんて当たり前の世界ですが、
経営の基礎が学べるか?といえば、
正直、学べません。

実際、5年、6年と生き残ってきましたが、
私の経営に関する知識は、
物販をやっている方からすると、
レベルは低いでしょう。

利益率が高いことで、
ある程度は、キッチリと経営をしていなくても、
うまいこと周ってしまうところが
メリットでもあり、デメリットでもありますね。

節税を怠ると倒産

倒産

先ほどのお話でも出てきましたが、
サイトアフィリエイトの利益率は、

「90%以上」

です。
お国への納税は、

「利益」

から計算されます。
なので、しっかりと税金に関する知識を持ち、
いかに無駄な経費とせずに、
有効なことに投資することが出来るか。

がカギになります。
実際、私は個人事業主時代に、
税理士さんを付けずに
なんとなくで納税してきた結果。

トータルで、
かなりの金額を納税してきました。

本気でサイトアフィリエイトを実践するなら、
早いうちから株式会社を設立して、
税理士さんの手を借りながら
節税も意識したほうが良いですね。

世の中には、
法人化するタイミングは、

「利益が800万超えた頃から」

なんてことが書かれていますが、
あんなのは全く持ってウソ。

やるなら早いうちに設立して、
法人として実績を作ったほうが
後々、必ず効いてきます。

「個人事業主 = 個人」
「株式会社 = 法人」

ですからね。
個人と法人は別人扱いです。

この言葉が分かるまでは難しいと思います

また、税理士さんによっては、
I.T.に弱い人、強い人が存在するので、
そこは実際に話してみて判断する必要があります。

脱税はダメですよ

まとめ

まとめ

サイトアフィリエイトは自宅でパソコン一台で、
自由に出来る仕事なので、凄く魅力的なお仕事。
利益率も半端なく高いですからね。

その反面、デメリットも沢山あります。

このデメリットをいかに克服しながら
上手に経営することが出来るか。
それが生き残る秘訣ですね。

お国のデータでも、

「5年で10社のうち1社しか生き残れず」
「10年で100社のうち1社しか生き残れない」

という統計データが出ているほど、
経営の世界は甘くありません。

その中で生き残るためには、
やはりデメリットを意識しつつ、
社長として自覚することが重要。

私も色んな人を見てきましたが、
すぐに月50万、100万と稼ぎ、
その後は、堕落した生活。
贅沢な生活。

を送っていた人がある日、突然。
収入が無くなって消えていく。

なんてことは普通にあります。
そんな状態にならないためにも、
しっかりと頭・脳みそを使って
賢く経営していく必要がありますね!